Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

軽ワゴンは背が高いとエラい? 超人気ホンダ「N-BOX」に「ウェイク」はどう迫る?

配信

くるまのニュース

ウェイクとN-BOX、室内高がより高いのはどっち?

 ダイハツには後席スライドドアを装備した軽自動車が複数ラインナップされていますが、なかでもとくに背が高く、かつアウトドア要素が強く感じられるモデルとして「ウェイク」が存在します。 【画像】王者N-BOXより背が高い! デカすぎ!?「ウェイク」を画像で見る(24枚)  一方、近年とくに販売台数の多い軽自動車としてホンダ「N-BOX」が存在。N-BOXも後席スライドドアを装備した軽自動車ですが、果たして両車はどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を比較します。

 まず、両車の外観の違いを比較します。  ウェイクはサイズ感の大きさを強調したスクエアなデザインが特徴です。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1835mm。車内の広さが視覚的にもわかる外観となっており、実際に室内高は軽トップクラスの1455mmを達成するなど、大人でもリラックスできる広さとなっています。  対して、N-BOXのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1790mm(2WDモデル)。ウェイクと比較して親しみやすいシンプルなデザインが特徴的です。  N-BOXのボディデザインは標準モデルとカスタムモデルの2種類ですが、とくに標準モデルは丸目のLEDヘッドライトを採用し、洗練されつつかつ愛嬌も感じられる雰囲気です。一方、カスタムモデルはエアロパーツや大型メッキグリルで迫力ある印象です。  次に、両車の内装と荷室を比較します。  ウェイクの室内高は前述のとおり1455mm。一方N-BOXは1400mmを確保し、ウェイクには及ばないものの広い車内を実現しています。  また、ウェイクは全車ベンチシート仕様となっているのに対し、N-BOXは前席がベンチシートの仕様のほかにスーパースライドシートの仕様も選択できます。  スーパースライドシート仕様を選択した場合、助手席が前後に570mmもスライド。スライドドアから運転席にアクセスすることや、後席の子供の世話をスムーズにおこなうことが可能となります。

【関連記事】