Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【20万円台のエントリー機も登場!?】新世代の“ラグジュアリースポーツウオッチ”-価格別で厳選した5機種

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウオッチライフニュース

幅広い価格帯からリリースされている新世代の“ラグジュアリースポーツ”

 機械式時計黄金期といわれる1950~60年代を経て、クォーツや大量製造される時計の台頭で凋落していった70年代の機械式時計。しかし、ピンチはチャンス、という言葉もあるように、そんな時にこそ新しいジャンルが生まれることもある。  72年に登場したオーデマ ピゲのロイヤル オークに代表される、ラグジュアリースポーツというジャンルもそのひとつだ。ロイヤル オークはジェラルド・ジェンタがデザインを手掛けているが、“薄型”、“高品質な仕上げ”という従来のドレスウオッチの美点を継承しつつ、同時に実用時計の堅牢さや防水性能を備えているのが特徴。薄型かつスポーティな外装に、宝飾時計に匹敵する徹底した仕上げを施すことで、汎用素材を使った高級時計という新たな価値観を生み出したのだ。  その後は、パテック フィリップのノーチラス、ヴァシュロン・コンスタンタンのオーヴァーシーズをはじめとして、ラグジュアリースポーツというコンセプトをベースにした数多くの名作が誕生。現在では“ラグスポ”の通称でも知られ、ひとつのジャンルとして突出した人気を獲得しているが、近年はその人気の高さからブランド各社で開発が進み、これまでラグジュアリースポーツをラインナップしていなかったブランドから新勢力が続々と発表されている。  今回は、そんな“ラグスポ”の新勢力をクローズアップ。50万円以下と100万円以上、価格帯別に注目モデルを紹介していこう。

【100万円オーバーの本格派、“ラグスポ新世代”3機種】

》編集部のおすすめモデル-其の1 CZAPEK(チャペック) アンタークティック テール・アデリー  99本限定のチャペック版“ラグスポ”。高品質な外装もさることながら、特筆はパートナーであるメタレム社が手がけた文字盤である。これは同社が30年前に開発した独自のラメ装飾を本作のために復活させたもので、深みとリフレクションを生み出した印象的な仕上がりとなっている。  価格は258万5000円で、問い合わせ先はノーブルスタイリング(TEL.03-6277-1600)まで。

【関連記事】