Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ペッパーフードサービス1-6月期で債務超過、ペッパーランチ売却などで再建急ぐ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東京商工リサーチ

通期も赤字見通し

 「いきなり!ステーキ」などを展開する経営再建中の(株)ペッパーフードサービス(TSR企業コード: 292855524、墨田区、東証1部)は7月30日、2020年12月期第2四半期の連結ベースの最終利益(累計)が79億1100万円の赤字で、純資産が55億5900万円のマイナスとなり債務超過だったと発表した。  未定としていた2020年12月期連結の業績予想は、売上高305億7700万円(前年同期675億1300万円)、経常利益▲40億7700万円(同▲3400万円)、当期純利益▲45億6200万円(同▲27億700万円)と減収赤字拡大を見込む。  自社店舗の競合で売上不振が続いたほか、「新型コロナウイルス」感染拡大で280店舗を休業したことが響いた。  ペッパーフードサービスは、子会社で「ペッパーランチ」事業を手掛ける(株)JP(TSR企業コード: 134580630、墨田区)を8月末に投資ファンドに85億円で売却する。また、「いきなり!ステーキ」や「ペッパーランチ」の114店閉鎖と200名の希望退職を募集しており、ペッパーランチの売却資金で資金繰りを改善させ、経営の立て直しを急ぐ。