Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第四回 自動運転後進国のレッテルはマスコミが作り上げたデマ?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FORZA STYLE

日本で自動運転のクルマは走ってるの? 新型コロナウイルスの陰に隠れてあまりトピックになっていないようだが、4月1日、日本のクルマのルールが新しい一歩を踏み出した。自動運転レベル3の車両が、公道を合法的に走れるようになったのだ。昨年5月に成立した、道路交通法と道路運送車両法の改正法が施行されたからである。

昨今の自動運転開発競争をリードしているのは、2009年から実験を始めたGoogleだと言われている。現在、同社の自動運転部門はWaymoとして独立していて、2018年からライドシェアでのサービスを導入。昨年は運転手がいない無人運転も実用化している。 欧州ではアウディが2017年、高速道路で60km/h以下という限定的なシチュエーションではあるが、公道上で自動運転レベル3が可能な世界初の市販車A8を発表している。ただしこちらはドイツにおいても法整備が整っていなかったことから、今もレベル3を公道上で試すのはで紹介したセグウェイの状況に似ていて、不可能だ。 そんな中、日本が公道での自動運転レベル3をOKした。自家用の乗用車による自動運転については欧米に先駆けての合法化である。 自動運転レベル3とは? そもそもレベル3って何? という人もいると思うので簡単に説明しておこう。現在の自動運転のレベル分けは、米国のモビリティ専門家による非営利団体である自動車技術協会(SAE)が制定したもので、レベル0~5の6段階になっている。

詳細については上の「官民ITS構想・ロードマップ」が作成した表を見ていただきたいが、現在実用化されている、衝突被害軽減ブレーキや前車追従クルーズコントロールなどを備えた車両は、人間のドライバーが運転主体なのでレベル2。レベル3は自動運転システムが運転すると位置付けていることが最大の違いだ。 ただしシステムが運転困難になった場合には、ドライバーが即座に運転を引き受けるければいけない。つまり飲酒や居眠りはNGで、自動走行中に助手席や後席に移ることもダメ。OKなのはスマートフォンを見るぐらいになりそうだ。 しかも今回解禁されたのは乗用車による、高速道路での同一車線内の低速走行に限定されている。つまりトラックやバスは含まれないし、100km/hで流れているときには使えず、渋滞時に限定された機能で、アウディA8の発表内容に近い。

【関連記事】