Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米株4営業日ぶり反発 ハイテク関連に買い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

22日のニューヨーク株式市場は、主力のハイテク関連株が買われたことなどで、ダウ平均株価は4営業日ぶりに反発して取引を終えています。 22日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価は、前日の終値から140ドル48セント値を上げ、2万7288ドル18セントで取引を終えました。また、ハイテク株が中心のナスダック総合指数も184.8ポイント上げて1万0963.64で取引を終えています。 この日はアナリストが投資判断を引き上げた「アマゾン・ドット・コム」が大きく上昇したほか、そのほかの主力のハイテク関連株も買われ、相場を下支えしました。 一方、イギリスなどヨーロッパで新型コロナウイルスの感染が再び拡大していることで世界経済への悪影響が引き続き懸念され、景気に敏感とされる銘柄を中心に上値は限られました。 市場関係者は「ヨーロッパのように今後、アメリカでも感染が再び拡大しないか市場は注目している」と話しています。

【関連記事】