Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

返済が遅れると住宅ローンの金利優遇が無くなるってホント? 返済を継続できない場合の解決策とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

昨今のコロナ禍、休業や残業代の減少による収入低下、会社の業績悪化によるボーナス減少などで、住宅ローンの返済に不安を抱いている方も少なくないでしょう。また、体調不良や病気などの理由で、今まで見込めていた収入を得ることができなくなり、ローンの返済が難しくなることも考えられます。 急な収入の減少は、コロナ禍にかかわらず誰にでも起こり得ます。住宅ローンの返済が滞った場合どうなるのか、返済できない場合はどんな方法が採れるのかを見ていきましょう。

住宅ローンの返済が滞ったらどうなる?

住宅ローンの返済が厳しくなった場合、一番大切なのは、まずは借りた銀行に相談することです。住宅ローンは金融機関との契約なので、契約不履行の場合は借り手に大きなデメリットが生じてしまいます。 一方、銀行にとっても顧客が返済できないことは喜ばしいことではないので、返済方法の変更などの代替案を提案してくれます。 以下、返済が滞った場合の流れを確認しておきましょう。 (1)請求書での督促(延滞1回) 一般的に、銀行口座の残高不足が理由で住宅ローンの引き落としができなかった場合は、その時点で即一括返済などにはなりません。通常、金融機関から口座引落ができなかった旨を記載した請求書が届きますので、遅れた分をすぐに返済できれば特に問題は生じないでしょう。 (2)催告書での督促(延滞2・3回) 各金融機関によって催告書のタイミングは違います。この場合、書面による督促以外に電話での連絡もあります。金融機関によっては優遇金利が喪失し、高い通常金利に変更されることもあります。 多くの金融機関の場合、催告書送付のタイミングでも返済について相談をすることができますので、このフェーズまで進んでしまっている方も問い合わせてみましょう。 (3)期限の利益喪失に関する通知・代位弁済通知(延滞3~6回) 期限の利益喪失に関する通知が届いた場合は、返済期日が先であったとしても一括返済を行わなければなりません。また、多くの場合は代位弁済通知が届き、返済先が銀行から保証会社に移ります。 代位弁済通知とは、住宅ローンを契約した際に申し込みを行った保証会社が銀行に対して代わりに返済を行った、という通知のことをいいます。今後の住宅ローンの返済がなくなるわけではなく、返済先が銀行から保証会社に変わることを意味します。 (4)競売 代位弁済で保証会社に債務が移転したことにより、保証会社は返済資金を捻出するために住宅の競売を行います。 競売が行われた場合は、 ・普通に売却されるよりも安く買いたたかれてしまう ・競売が行われると家から出ていかないといけなくなる など、通常売却する場合と比べて不利な条件となります。

【関連記事】