Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

老後2000万円問題って解決した? もう一度おさらいしよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

2019年に話題となった老後2000万円問題ですが、貯蓄をスタートさせたり、投資を始めた人がいる一方で、まだ何も行動を起こしていない人も多いのではないでしょうか。 今回は、老後2000万円問題のおさらいをしながら、これからどのように2000万円を貯めていけば良いのか、一緒に考えていきましょう。

老後2000万円問題のきっかけ

2019年6月ごろ、新聞やニュースなどで「老後2000万円問題」が大きく取り上げられました。 なぜ突然、老後資金について注目が集まったかというと、金融審議会市場ワーキング・グループという、経済やお金に詳しい専門家や、財務省・日本銀行などの機関が協力して作成した「高齢社会における資産形成・管理」という1つのレポート(※)がきっかけとなったのです。 このレポートには、現在の日本人の平均寿命や、平均収入・支出額などが記載されています。また、高齢者の方々は、今どのくらい金融資産を持っていて、どのようにお金をやりくりしているのかが解説されています。 さらに、今後どのようにお金を貯蓄したら良いのか、運用したら良いのかというアイデアやアドバイスも記載されています。

高齢世帯は毎月赤字?

このレポートで最も注目を集めたのが、以下の内容です。老後2000万円問題の根拠をチェックしていきましょう。 「高齢夫婦無職世帯の平均的な姿で見ると、毎月の赤字額は約5万円となっている。収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生する場合には、20 年で約 1300万円、30 年で約2000万円の取崩しが必要になる」 ※「高齢社会における資産形成・管理」より一部、筆者編集 とてもシンプルで分かりやすい説明ですね。高齢夫婦無職世帯は、毎月平均5万円の赤字で、それを補うためには、30年で約2000万円が必要であるという内容です。 これは、あくまでも平均的な家計の場合なので、人によっては、こんなに貯蓄しなくても良いケースもありますし、実際は医療費などが必要になり、2000万円では足りない方もいるかも知れません。1つの目安として、頭に入れておくと良いでしょう。

【関連記事】