Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

二条城 隣接トイレに“民族差別”の落書き

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

京都の世界遺産・二条城に隣接する公衆トイレで、民族を差別する内容の落書きが見つかりました。 落書きが見つかったのは、世界遺産・二条城の外堀沿いにある公衆トイレで、5日午前、京都市に、「民族を差別する落書きがある」と市民から通報がありました。 二条城事務所によりますと、落書きは先月18日に最初に見つかり当面の措置として紙などで覆っていますが、ほぼ毎日、何者かによって剥がされるということです。 警察もこの落書きを把握していて捜査を進めています。

【関連記事】