Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

それ「免疫力」下げちゃってる! 免疫をダウンさせる8つのNG習慣

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

ウイルスや健康のリスクと闘う力である「免疫力」がとくに大切になっている今。免疫研究のエキスパート、竹田和由先生に取材した。免疫力の仕組みを前回わかりやすく解説いただいた。今回は、免疫力を知らず知らずに下げてしまっている8つの習慣を紹介。「免疫ひく子」の生活から学んでみよう。 【写真】免疫力の仕組みについて解説! あなたの「免疫力が下がっている」チェックリスト

【免疫力を下げる習慣1】つい朝寝坊しがち

免疫力が低く、風邪を引きやすくて原因不明の不調に見舞われることが多い免疫ひく子。あなたも免疫ひく子になってない? 簡単なチェックリストにトライしてみて。 ひく子は朝に弱く、夜更かしした翌日は特に寝坊しがち。「会社、行きたくないな~」と、支度にもモタモタ。朝食を食べる時間がない日も多い。 週末はここぞとばかりに夜更かし&朝寝坊、そして月曜朝にまた後悔する……が毎週のお決まり。 免疫力アップの基本は、「生活リズムを整えること」。起床時間と食事の時間はなるべく一定に保つようにするのが大切なこと。

【免疫力を下げる習慣2】満員電車が避けられない

通勤ラッシュを避けられず、毎日ギュウギュウの電車に飛び乗る生活。満員電車はかなりのストレスを受けるため、免疫もダウン。 免疫力はメンタルによって左右されるので、強いストレスを感じたり不快な思いをすることが習慣化している人は要注意。 一方、免疫の高い「免疫タカ美ちゃん」はどうしているかと言えば、こちらをチェック。

【免疫力を下げる習慣3】イヤなことを後回しにする

イヤなことは見て見ぬふりをして後回しにするのがひく子の習慣。今日も、後回しにしてきたイヤな作業の山を横目で見ながら仕事がスタート。 「これも苦手だからひとまず置いといて……」と思った瞬間、お叱りを受けてさらにやる気が減。 イヤなことを楽しめたら理想的だけど、なかなかそうもいかないもの。おすすめは「イヤだからサッサと終らせてスッキリしてやる!」と切り替える方法。 「イヤだな~」と思っている感情が長引くと免疫力はダウンしてしまう。

【免疫力を下げる習慣4】食事をストイックに節制する

元来まじめな性格のひく子。おいしさよりもカロリーや栄養を優先し、食事をストイックに節制したり、無茶なダイエットを繰り返すタイプ。 今日のランチも、あまり好きではないけれど体にいいと言われているスーパーフードを我慢して食べる。 いくら体にいい栄養を含む食事でも、強いストレス下では台無しになってしまう。食事を「おいしい! 幸せ~!」と楽しむことが、免疫力アップをもたらす。

【関連記事】