Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クラスターの病院で3人死亡、当初は院名非公表…「社会的重みの認識欠いた」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
読売新聞オンライン

 千葉県内では12日、新たに46人の新型コロナウイルス感染が確認された。公立学校で初めてのクラスター(感染集団)が発生。死者は1人増え、67人となった。  県教育委員会や柏市によると、県立柏中央高校に通う男子生徒4人の陽性が新たに判明。校内での感染者は計7人となった。同校は8日から休校しており、濃厚接触者の職員と生徒320人の検査を行う。  クラスターが発生していた柏市の柏たなか病院に入院中だった野田市の60歳代女性が11日に死亡し、院内感染の死者は計3人となった。  また、柏市は9日に入院中の1人が死亡したと発表した際、性別や年代のほか、「遺族の意向で病院名も非公表とする」としていたが、院名に関する意向は確認していなかった。実際は柏たなか病院の最初の死者で、市保健所の山崎彰美所長は12日、「(院内感染で死者が出たことに対する)社会的意味の重みの認識が欠けていた」と謝罪した。

【関連記事】