Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初心者が知っておきたい、Google アナリティクスの機能は? スペシャリスト4名に聞いた「使える機能」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

160ぐらいあるGoogleアナリティクスの機能。慣れない人はすべてを覚えようとして挫折することが多いですが、実はよく使う機能は22%しかないというデータ(Googleアナリティクスの初心者はこの機能を覚えよう! スペシャリストが選んだ重要な機能はたったの22%だった)があります。よく聞くものでは、チャネルやランディングページ、セグメントなどがありますが、その中で重要な機能はどれなのでしょうか? a2iで公開された記事を、Web担向けに再編集しお届けします。 Google アナリティクスのスペシャリスト、a2iの大内範行さん、小川卓さん、木田和廣さん、いちしま泰樹さんの4名に、よく使っている機能を運営堂の森野が聞いてみました。 記事の後半では、スペシャリスト4名が「イマイチ使えないかな」と思っている機能も紹介します。  

スペシャリストがよく使うGoogle アナリティクスの機能

4名が挙げたよく使う機能を、まず先に紹介します。 よく使う機能 ・チャネル ・ランディングページ ・セグメント ・直接セッション ・行動フロー、コンテンツグループ ・保存ショートカット、キーボードショートカット それぞれの機能について、挙げた人に理由を聞いてみました。  

大内さんが選んだ機能――「チャネル」と「ランディングページ」

森野: 大内さん、Googleアナリティクスで一番よく使う機能は何ですか? 大内: Webサイトに訪れるまでの経路がわかる「チャネル」と、ユーザーが最初に閲覧したページがわかる「ランディングページ」です。まずはチャネルから説明します。 ■ Webサイトに訪れるまでの経路がわかる「チャネル」 大内: 「チャネル」とは、Webサイトに訪れるまでの経路のことで、Google検索などのOrganic Search、ブックマークなどのDirectなどがあります。詳しく知りたい方は、以下のページを参考にしてください。 【参考】Organic Search、Referral、Directなどはどういう意味ですか? – ズバッと解決!Google Analytics | 運営堂 「チャネル」が重要な理由は、4つあります。 1つ目は、ユーザーが「どこから来たのか」がわかるからです。Webサイトの分析を進めていくには、まず「ユーザーはどこから来たのか」次に「Webサイト内でどう行動したのか」といった形で行っていきます。 2つ目に、Googleアナリティクスの設定が上手くいっているかを確認できるからです。たとえば、ディスプレイ広告からのセッションがわかる「Display」ですが、本来ここに表示されるべきものが、うまく分類できなかったセッションの「other※1(あらかじめ用意されたチャネルグループ以外の設定)」になっている場合は設定が間違っていることが一目瞭然です。また、同じ参照元でも別々なものとして表記されてしまうことがあります。 ※1 「other」について詳しく知りたい方は、以下の記事を参照してください。 【参考】Webサイト全体の集客状況をチェックするには? GAの[チャネル]レポートを活用する[第27回] | 衣袋教授の新・Googleアナリティクス入門講座 | Web担当者Forum このように、Googleアナリティクスの設定ができていないまま分析を開始すると、ビジネスゴールまでたどり着けないこともあります。 3つ目に、チャネルごとのコンバージョン率/コンバージョン数もわかるからです。上記のグラフで言えば、 ・自然検索からの流入は14,613と多いですが、コンバージョン率は0.04%と少ないです。 ・ブックマークなどからのDirectの流入は1,372ですが、コンバージョン率は1.63%と高いです。 このようなデータが読み取れれば、「検索からの流入をDirectのように改善できれば、コンバージョン数が増えるのでは?」といった仮説や「Directで流入する人たちと、検索で流入する人たちのサイト内行動の違いは?」といった分析の深掘りができます。Googleアナリティクスは、ビジネスゴールを達成するために、どんな改善すべきかを分析するためのツールです。もちろん、この仮説が正しいか検証をしていく必要がありますが、Webサイト全体を俯瞰して見ることはとても大切です。 最後に4つ目は、目標(コンバージョン)が正しく設定されているかどうかのチェックができることも良いところです。また、Webだけで完結しない業態の場合は、目標設定の仕方を工夫する必要があります。たとえば、問い合わせフォームではなく、電話であったり、店舗への訪問だったりする場合は、タグを設定しただけでは、コンバージョンが取れません。分析を開始する前にしっかりと数値が取れるように整えておく必要があります。 ■ ユーザーが最初に閲覧したページがわかる「ランディングページ」 森野: 「ランディングページ」を選んだ理由は何でしょうか? 大内: ランディングページは、ユーザーがWebサイトに「訪問」してきたときに、最初に閲覧したページのことです。ユーザーがどんなページから訪問してきているのかがわかれば、一番多く訪問しているページに回遊を促す改善を加えたり、そのページへの訪問を増やす別の施策を考えたりできるため、よく使っています。 また、2つのディメンションを組み合わせて指標が見られるセカンダリディメンションがあります。セカンダリディメンションとは、ランディングページの次に見たページがわかる指標です。このセカンダリディメンションで、「次のページ遷移」を選びます。このディメンションは、セカンダリディメンションに、「参照元」を設定すると、トップページに来たユーザーのなかで、グーグルからの検索経由などといった細分化したデータがわかります。 ランディングページを見るのは、ユーザーの動きを見る意味もありますが、Web解析の初心者にとって、新たな新たな気づきを与えるデータが見られますので、ぜひ使ってみて欲しいです。 森野: 標準のレポートでもセカンダリディメンションをうまく組み合わせると発見は多いと思います。