Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】三田学園、近大附に完封勝ち!残留を決める

配信

高校サッカードットコム

大会開催の延期が相次ぐが、サッカーの炎は絶やすな! 過去の熱線をプレイバック! 【2019.11.23 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2019 関西 第16節 近大附 vs 三田学園】 【フォトギャラリー】近大附 vs 三田学園  11月23日、第16節高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019関西第16節がJ-GREEN堺で行われ、残留に向けて勝ち点3が欲しい8位の近大附(大阪)と、勝利すると残留が確定する6位の三田学園(兵庫)の一戦は1-0で三田学園が接戦をものにした。  青いユニフォーム近大附は細かくボールを繋ぎ、攻守の切り替えを早くして縦の突破を狙い攻める。対するエンジのユニフォーム三田学園は両サイドを広く使いながら攻撃していく。27分、三田学園にFKのチャンス。11番森山絢太のキックがDFに当たり6番森田雄大が拾いクロスをあげるもこれは中の選手には合わない。40分、近大附は19番松澤一朗が縦突破からクロスをあげ8番松山潤が合わせるもシュートは惜しくも枠の上に外れる。前半終了間際、近大附のCKはDFに弾かれそのまま前半を終了する。  後半もスコアが動かないまま迎えた後半25分、三田学園は11番森山絢太の蹴ったCKがGKに弾かれたこぼれ球を26番松尾峻吾が決めて先制に成功する。近大附も得点を取りに攻撃に厚みを出すが、三田学園のDFも粘り強く守り対抗。そのままスコアは動くことなく試合は終了した。  勝利した三田学園の福原幸明監督は「粘り強く最後まで戦えたなと思う。ハーフタイムに前半の守備で危なかったCBから逆サイドに振られるボールを蹴らせない為にどうするか指示を出し守備が安定した。攻撃はシュートで終わるって事を話した」と試合を振り返り、次節に向けては「これで残留が決まったので今日の試合の課題も含めて新しい新戦力を使いながら来週まで準備していきたい」と話した。次節、三田学園は11月30日にJ-GREEN堺で大阪桐蔭と、近大附は神戸弘陵とそれぞれ対戦する。

【関連記事】