Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

入国者全員に検査&アプリ利用義務化?アイスランドやギリシャの復興プランに見るwithコロナ時代の観光

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

アイスランド、6月15日から観光客受け入れ再開、到着時の検査が必須に?

ニュージーランドなど新型コロナ感染拡大の抑え込み策が奏功している国々では、ロックダウンの解除/緩和が進み、早ければ6月には海外観光客の受け入れが再開される見通しだ。 5月22日時点の新型コロナ感染者数1803人、死者数10人と他国に比べ感染拡大の抑え込みに成功したと評されるアイスランドでは、6月15日に一般海外観光客の受け入れが再開される。これに先立つ5月15日には、研究者、映画制作関連、アスリートなどの「プロフェッショナル人材」の入国が再開されたばかり。 アイスランドの人口は約36万人。アイスランド地元メディアが伝えた統計局のデータによると、2017年には年間270万人近い観光客が同国を訪れており、GDPに占める観光産業の割合は8~10%ほどと推計されている。 アイスランドで入国規制が始まったのは3月半ば。約3カ月の期間を経て、実質的な国境封鎖が解除されることになる。 注目されているのは、海外観光客の受け入れに際し、どのような対策で新型コロナの流入を防ぐのかという点だ。ロンリープラネットが報じたところでは、現時点で新型コロナの流入と感染拡大防止に向け、大きく2つの対策が導入される。 1つは、すべての入国者に無料で検査を実施するというもの。陰性であればそのまま観光を楽しんでもらい、陽性であれば14日間の隔離措置を取る。アイスランドでは2月に広域での検査が開始され、国民1人あたりの検査率は世界トップといわれている。検査が感染拡大を防ぐカギと認識されているようだ。 一方、旅行前にすでに検査を受け、それが陰性であることを示す公式書類を提示すれば、到着時の検査を省く措置も取られるとも報じられている。

もう1つは、観光客に政府公認の新型コロナ・トラッキングアプリ「Rakning C-19」のダウンロードを義務付けるというもの。アイスランド国民の約40%がダウンロードしたという同アプリ。ユーザーの位置データをスマホにローカル保存し、感染が発覚したときのみ、そのデータが公開され、経路分析などに活用される。 他の国々でも同様のアプリが導入されているが、アイスランドのダウンロード率はその中でも群を抜いて高いといわれている。データセキュリティの専門家サミュエル・ウッドハムズ氏は、ビジネス・インサイダーの取材で、同国でのダウンロード率が高いのは、そのプライバシーポリシーが明確であるからだと指摘している。 Rakning C-19のプライバシーポリシーには、データの保存期間は14日間で、パンデミック終息後にはアプリが終了することが明記されている。一方、他のアプリではそうしたプライバシーに関する文言が明記されていないのだという。 現在、アイスランド政府はワーキンググループ内で観光再開に向けた方針固めを行っており、最終決定が下され次第、詳細を発表するとのこと。

【関連記事】