Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

橋本五輪相の留任有力 来夏開催実現に向け

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北海道新聞

 安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選(14日投開票)で菅義偉官房長官(71)が選出された場合、橋本聖子五輪相(55)の留任が有力になった。政府関係者によると、来夏の東京五輪の実現に向け、引き続き陣頭指揮すべきだとの理由。総裁選は菅氏が国会議員票の8割近くを固め、地方票もトップの勢いを維持しており、岸田文雄政調会長(63)と石破茂元幹事長(63)の2位争いが焦点だ。  新首相にとって、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された五輪を開催できるかどうかが政権運営に影響する。東京五輪・パラリンピック組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)は開催が可能との見解を近く表明する方向で調整しており、組織委関係者が菅氏側に水面下で橋本氏の続投を求めている。

【関連記事】