Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ショップ・モビリティによる街づくり「SHOP STOP」…フードトラックのメロウが構想

配信

レスポンス

フードトラックと空きスペースとをマッチングするプラットフォーム「TLUNCH」を展開するメロウは19日、「SHOP STOP」構想を発表した。あらゆるサービスのショップ・モビリティ化の推進をめざす。 関連画像を見る バスストップがバスの停留所なら、SHOP STOP(ショップストップ)は、ショップの停留所という意味になる。メロウが構想するショップ・モビリティとは、「場所」の価値を拡張する次世代移動型店舗のことだ。車両の配車やマネジメントをデジタル上で運用管理し、アプリケーションを使って情報発信と店舗情報を提供するという。 SHOP STOPの業態は、フードトラックをはじめ、アパレルやマッサージといった小売、サービスなどがある。将来はオンデマンドでサービス提供を行ない、事前予約や決済などの機能も提供する予定だ。メロウの創業以来、ビルの空きスペースとフードトラックとをマッチングし、ランチスペースを提供してきたTLUNCHも、SHOP STOPへとアップデートする。 フードトラックプラットフォームのTLUNCH(=TRUCK×LUNCH)は、首都圏・関西・福岡エリアの240か所で、提携フードトラック約850店を展開している。月次の流通総額は1億円を超える。 今回のコロナ禍による環境変化では、TLUNCHのモビリティビジネスプラットフォーマーとしての特性が発揮された。テレワーク増加による昼間人口の変化に合わせた、マンション向けフードトラック配車プラン「おうちでTLUNCH」では、開始から2か月弱で3万食以上を提供した。さらに、飲食店向けの無料フードトラック開業・経営相談件数は、5月は3月に比べ3倍の申し込みがあり、中でも飲食店の問い合わせは7割を超えた。 メロウでは、コロナショック対策に乗り出した飲食店の移動販売などへの、事業多角化支援をすでに本格化している。具体的には、「SHOP STOP」に参画する事業者に対し、次世代モビリティサービス「KINTO」と連携し、フードトラックのリーススキーム「フードトラックONE」を提供し、事業計画、経営相談、営業場所確保までのトータルサポートを行なっている。 フードトラックに次ぐ、異業種連携ショップ・モビリティの第一弾は、6月下旬に発表される予定だ。今後メロウでは、集客力に頼る固定店舗ビジネスやECでは提供できない様々なサービスの、モビリティビジネスへの多角化をサポートし、ショップ・モビリティ市場の拡大に取り組むという。

レスポンス 高木啓

【関連記事】