Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食楽web

 100円ショップ『ダイソー』は最近、キャンパーご用達の店なんです。それもそのはず。ランタンフックにペグ抜き、コンロ用の風よけにハンモック……、「こんなものまであるの?」と驚くほど、アウトドアアイテムが充実しているんです。  そんな『ダイソー』で完売続出、欲しくてもなかなか手に入らないと話題になっている最新アイテムがあるそうなのでチェックしに行きました。

 それが、それが、ご紹介する『ダイソー』のメスティン「アルミ飯ごう(ハンドル付き)」です。ちょっと知っている人なら「メスティンって、スウェーデンのトランギア社のものでは?」と思われるかもしれません。確かに日本ではトランギアがメジャーですが、そもそもメスティン(messtin)とは「mess=軍隊での食事」と「tin=ブリキの容器」が組み合わさってできた名称。ですからトランギア以外にも、国内外様々なメーカーから製品化されているのです。  他社製品が2000~3000円という価格帯のなかで、『ダイソー』なら500円(税抜)!? これは衝撃の価格。その実力は如何程か、ソロキャンプが趣味の筆者が早速検証してみました。

“バリ”がほとんど気にならない!

「バリ」とは、金属製品のフチなどに残る微細な突起物のことで、そのままでは指や唇が切れるなど、思わぬケガにつながることもあります。  そのためトランギアなどのメスティンでは、買った人自身が使用前に紙やすりなどで「バリ取り」を行うことが通例。しかしダイソーのメスティンは、バリがほとんど気にならない。細部まで行き届いた気遣い、もはや500円のレベルではありません。

他社メスティンにスタッキングできる絶妙なサイズ

 アウトドアショップを市場調査した『ダイソー』が、確実に売れると見込んで投入したのが本商品。「キャンプギアは、スタッキングや省スペース商品が人気なので、市場にある“メスティン”にスタッキングできるサイズに決定。これがコスト削減にもつながり、500円(税抜)という価格を実現できました」と『ダイソー』の広報担当者が話してくれました。  サイズ違いのメスティンをスタッキングして持参すれば、なかなか便利なんです。ラージメスティンでレトルトものを温めたり、おかずを調理。その合間にダイソー製のメスティンでご飯を炊く、なんていうこともできますから。

【関連記事】