Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

逆境を機に“逆転”狙う…「団体から個人へ」コロナ禍に動き出す観光業【新潟発】

配信

FNNプライムオンライン

逆境を機に“逆転”狙う旅館の取り組み

新型コロナウイルスの影響で、休業を余儀なくされていた宿泊施設。 緊急事態宣言が解除された今、終息後を見据えて動き出した観光業界を取材した。 【画像】変革の渦中に…観光業界の新たな取り組みとは 6月1日、新潟・南魚沼市六日町に、明るい声の響き渡る旅館があった。 ryugon井口智裕代表: ありがたいですよね。なんか安心しますね。やっぱり人が来てくださると 新型コロナウイルスの影響で休業し、ようやく迎えた営業再開の日。 しかし、そこに携わる人たちは、ただ再開の日を待っていたわけではない。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、緊急事態宣言が全国に拡大された2日後の4月19日から休業していた南魚沼市六日町の旅館「ryugon(リュウゴン)」。 ryugon井口智裕代表: まだまだ景気が良い時代は、某大きいホテルさんには敵わなかったかもしれない。だけど、今のこの変化って、1年・2年でもしかしたら逆転をするかもしれない ryugonは、約50年前に市内の古民家を移築して建てられたが、経営が悪化。 2018年9月に、当時のオーナーから井口さんが経営を引き継いだ。 そして2019年10月にリニューアルオープンし、経営が軌道に乗り始めた矢先、新型コロナウイルスの影響を受けた。 ryugon井口智裕代表: 3月とか4月・5月というのは、すごく順調だったんですよ。一気にそのお客さんがほとんど消えた 予想もしていなかった事態… しかし、立ち止まっている暇はなかった。 再開を目指して、この日従業員が取り組んでいたのは、ウイルスの感染拡大を防ぐ接客方法のトレーニング。 対応するときはマスクと手袋を着用し、必要な情報は予約の際に確認することで受付の時間を短縮する。 実践してみると、表情がマスク越しでは伝わりづらく、さらには… 指導係: あまり離れすぎると、お客さんも「え?」って見えなくなっちゃうから。こっちに来てあげるとか… 客との適切な間隔の取り方にも悪戦苦闘… しかし、こういう時だからこそ、自分自身の接客と向き合うきっかけにもなったという。 従業員: どちらかというと早口になってしまうので。マスクをしていると、それこそ口や全体の表情が見えないので、ゆっくりしゃべるのを気をつけなきゃいけない

【関連記事】