Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子あり、夫婦2人世帯の収入と貯蓄事情。もっとも貯めているのは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

どの家庭においても、お金の悩みや不安はあるもの。ほかの世帯ではどのようにやりくりしているのか、気になってしまいますよね。そこでESSEは、リアルでは尋ねにくいお金にまつわるアンケートを247人を対象に実施。 「ずばり総貯金額は?」「世帯収入はいくら?」「夫のこづかいは?」…。その調査をもとに、平均値をお伝えします!

世帯別に深掘り!家計と貯蓄の平均値

アンケートの結果を世帯別にまとめたところ、収入も貯蓄も多いのは、やはり共働きの夫婦2人世帯でした。 一方、子どもがいる家庭でも年間貯金額の平均は100万円を超えるものの、貯金ゼロ家庭も見られるという実情も明らかになったほど…。 それぞれの世帯ごとに家計の内訳や貯金額を紹介します。そして、その世帯が今後どうのようにして貯めていけばいいのか、お金のプロ、ファイナンシャルプランナーの前野彩さんのアドバイスもあわせてご紹介します。

●夫婦+小学生以下の子ども世帯 ◆妻の専業主婦率は49%。貯金の目的は教育費がトップ 貯金する目的の第1位は「教育費」。未就学児もいるため、パートを含めた就業率は51%と、専業主婦の割合は高め。そんななか半数が年間貯金100万円以上をキープ。 <家計表> ・住居費 8万4298円 ・食費 4万7120円 ・日用雑費 1万2273円 ・水道光熱費 2万180円 ・通信費 1万5418円 ・レジャー費 1万959円 ・総貯金額 807万円(52%の世帯は500万円以下) ・年間貯金額 103万円(年間貯金ゼロの世帯は4%) ・世帯収入 627万円 <FP発! 小学生以下の子ども世帯の貯めポイント> 子どもが小学生までの家計は“貯めどき”。幼稚園が無償化されて浮いたお金を、月謝を払ったつもりで貯金し、子どもの成長とともにパート時間を増やすなどして貯金すると、この先がラクに。

●夫婦+中学生以上の子ども世帯 ◆年齢が上がる分収入は上昇。貯金0円の割合は各世帯トップ 貯金目的の第1位は、引き続き教育費。妻も働く家庭が多く、小学生世帯より世帯収入は多いものの、習い事や食費で貯金額はほぼ横ばい。 <家計表> ・住居費 8万3588円 ・食費 5万8826円 ・日用雑費 1万6806円 ・水道光熱費 2万1969円 ・通信費 1万7377円 ・レジャー費 1万7346円 ・総貯金額 919万円 ・年間貯金額 104万円(年間貯金ゼロの世帯は8%) ・世帯収入 679万円(夫婦とも45歳以上の世帯が約40%) <FP発! 中学生以上の子ども世帯の貯めポイント> 教育費がかさみ出す時期ですが、“聖域化”しないこと。家計から出せる額を決め、親子で使い道を話し合って。「月3万円の塾代はバイト30時間分」など、お金の大切さを伝えることも大事。

【関連記事】