Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自粛期間終了後に変わってほしいこと1位は「買い占め・転売の消滅」。日常の衛生習慣の維持ニーズが高め【サイバーエージェント調べ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

サイバーエージェントのサイバーエージェント次世代生活研究所は、「withコロナにおける日本人の心理状況、行動意識の変化、今後の願望」について、調査した結果を発表した。前回発表した「消費意識とメディア行動の変化」に続く調査結果となる。 ・前回調査記事 コロナによる日本人の変化、自粛期間中に利用頻度が増えたサービスは「動画配信」と「料理系」【サイバーエージェント調べ】  

“新習慣”と“行動制限”で生まれた数々の変化

まず「新型コロナウイルス感染症拡大による自粛期間中、ストレスに感じていること」を聞くと、「マスクをすること、しなければならい空気への疲れ」49.1%、「運動不足」40.4%、「外食ができない」37.3%が上位だった。除菌などの“新習慣”と三密回避による“行動制限”が、強いストレスを生んだと考えられる。 一方で、「自粛期間中に起きた変化のなかで、よかったと思えること」を聞くと、「衛生面に気をつけて生活するようになった」36.4%、「人生何が起こるか分からないことが知れた」27.6%、「家族と過ごす時間が増えた」24.5%、「コロナ禍で勤務する人への感謝が生まれた」24.1%といった声もあがった。手洗い・うがいなど衛生面の“新習慣”についてはポジティブな習慣として受け入れた人も多いようだ。 「自粛期間前から意識が変わったこと」を「衛生・医療」「健康・運動・食事」「ファッション・美容・住居」「仕事・アルバイト・就活・転職」「人間関係」という5つの領域ごとに聞くと、それぞれの回答上位は以下のようになった。 ・衛生・医療 ・「マスクを着用する」70.2%、「手洗いとうがいをこまめにする」61.8%、「外出を控える」44.8% ・健康・運動・食事 ・「不要な外食をしない」32.3%、「十分な睡眠をとる」30.0%、「規則正しい生活を心がける」22.6% ・ファッション・美容・居住環境 ・「部屋の掃除をこまめにする」23.1%、「断捨離をする」21.2%、「自宅で過ごしやすい服を購入する」12.6% ・仕事・アルバイト・就活・転職 ・「仕事中もマスクをつける」28.6%、「衛生管理を重視しながら働く」12.6%、「安定志向になる」8.9% ・人間関係 ・「家族の健康を気にかける」35.0%、「家族と過ごす時間を増やす」24.1%、「家族を今まで以上に大切にしたいと思う」23.7%  

【関連記事】