Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「再生と消滅」を繰り返すサイクリック宇宙では時間は戻るのか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
現代ビジネス

---------- 自然界の多くは対称性をもっているのに、なぜ時間は一方向にしか流れないのか? 古来、物理学者たちを悩ませてきた究極の問い。ケンブリッジ大学宇宙理論センターでホーキング博士に師事し、薫陶を受けた若き物理学者が、理論物理学の最新知見を駆使して、この難問に挑む思考の旅へと発ちました。量子力学と重力理論を統一する「量子重力理論」の有力候補として、前回はループ量子重力理論をくわしくご紹介しましたが、より人気を集めている候補が超弦理論です。「弦」はさらに「膜」を生みだし、そこから奇想天外な宇宙像「サイクリック宇宙」が発想されました。 永遠に繰り返される「膨張」と「収縮」とは、時間の「順行」と「逆行」に対応しているのでしょうか? だとしたらサイクリック宇宙は、「時間の逆戻り」の強い味方になってくれるのでしょうか? ---------- 【図解】時間の大きさをまじめに測ったら消えちゃったって、どういうこと!?

2人の出会いから始まったサイクリック宇宙

 1999年8月、きらびやかな日差しのもと、美しい緑に包まれ、鳥のさえずりに満ちあふれたイギリス・ケンブリッジの夏。ケンブリッジ大学・アイザック・ニュートン数理科学研究所では、聴衆の熱い関心の中、ある超弦理論研究者による「ブレーン宇宙」をテーマにした講演が行なわれていました。  この講演の終了後、まっさきに会場から2人の聴講者が、演者のもとに歩み寄り同時に同じことを口にしました。  「ビックバンとは、2枚あるブレーンの衝突にほかならないのではないでしょうか?」  この質問を、2人のうちどちらが口にしたのかわかりませんが、お互いに「同じことを考えている奴が、自分以外にもう1人いるんだ」と思ったそうです。後に共著書において、サイクリック宇宙論を提唱するポール・スタインハートとニール・トゥロックの出会いは、こうして始まったそうです。  実はサイクリック宇宙、この思考の旅のテーマ「時間の逆戻り」に大いに関係してくるのですが、量子重力理論の有力候補として前回でも少しご紹介した「超弦理論」から飛び出した驚きのアイデアなのです。

【関連記事】