Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イケてる女子に「人生一度」は乗って欲しい! 新車で買えない「超エレガント」な4人乗りクーペ7選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

クーペでありながらラゲッジルームが広々としているモデルも存在

 その美しさで見る人をうっとりさせ、乗る人を充足感でいっぱいにしてくれるクルマの代表といえば、やっぱりクーペでしょう。しかも、今より開発コストが潤沢で、燃費にも少々寛大だった時代のクーペには、美しさや走りの素晴らしさに加えて、大人4人が乗れる室内空間まで実現している、後世に残したいクーペがたくさんあるように思います。今回はそのなかでも、まだ中古車として手に入る、一度は乗っておきたい4人乗りクーペをご紹介したいと思います。 【写真】背伸びしてでも大人の女性が乗るべき現行クーペ6台!

1)日産スカイラインクーペ

 まずは、歴代で11モデルが発売されながら、惜しまれつつ日本では販売休止されてしまった、日産スカイラインクーペ。セダンのスカイラインが持つスポーティなイメージに加えて、エレガントで豊かなボディラインが印象的で、女性のファンも多い1台でした。3.7リッターV6エンジンの伸びやかなフィーリングも素晴らしく、どこか大陸的な乗り味も魅力的。  一部では、海外ではインフィニティQ60として販売されている、現行モデルのV37型スカイラインクーペが日本に復活するかも? なんて噂もあったりして、真意はまだ定かではありませんが、期待が膨らみますね。

2)アルファロメオ・アルファGT

 次に、数々のクーペでクルマ好きたちを虜にしてきたアルファロメオから、2004年に日本上陸を果たしたアルファGT。ランチア・ストラトスやフェラーリ・ディーノといった、デザインでも世界に衝撃を与えたベルトーネによるクーペデザインは、個性的で今見ても存在感抜群。  2リッター直4エンジンは高揚感抜群のサウンドを奏で、ドアを開ければキャメルカラーのレザーシートが優雅で、しっかり4人が座ることができます。しかも、4人乗車時でもラゲッジは320リットルを確保していて、後席を倒せば905リットルもの大容量というから、スーツケースもゴルフバッグもすっぽり。ときに情熱的にもスマートにも乗れるクーペと言えるでしょう。

3)プジョー・クーペ407

 続いて、ピニンファリーナによるデザインで「世界一美しいクーペ」と賞賛された、プジョー406クーペの美しさを受け継いだ後継車、クーペ407。外観だけでなく、同じ407のセダンよりも20mm低く、9mm後方に置かれたシートに収まると、シートのレザーをインパネやドアトリムにもコーディネートした「インテグラルレザー」がドレッシーな空間を演出しています。  エンジンは加速の盛り上がりのピークがなんども押し寄せてくるような劇場型で、サウンドも心地よくて乗る人を夢中にさせるほど。“ネコ足”と称される粘りのいいリヤサスペンションで、極上のコーナリングが味わえるのもクセになる理由ですね。

【関連記事】