Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

白石町で超軽量飛行機が墜落、福岡県の男性死亡

配信

佐賀新聞

 9日午後3時20分ごろ、佐賀県杵島郡白石町新拓の北有明場外離着陸場で、福岡県那珂川市の男性(66)が操縦する1人乗り超軽量飛行機(ウルトラライトプレーン)が墜落した。男性は肋骨や骨盤を骨折し、約6時間後に搬送先の病院で死亡した。詳しい死因を調べる。  白石署などによると、現場は白石遊水池のそばにある幅約20メートル、全長約450メートルの芝生の滑走路。男性が操縦していた超軽量飛行機は離陸した直後、左翼の付け根部分が破損して、数メートルの高さから落ち、転覆した。「軽飛行機の機体に挟まれている」と近くにいた男性が119番した。  飛行の申請受け付けなどの管理業務を行う佐賀スポーツ飛行クラブの山口忠弘代表は「翼がねじれてひっくり返ったようだ。機体の不具合ではないか」と話した。  国土交通省によると、飛行機はわずかに空中に浮き上がる程度のジャンプ飛行を行う基礎練習中で、主翼や胴体などが損傷した。国交省は機体が激しく損傷しているとして航空事故に認定し、運輸安全委員会は事故調査官2人の派遣を決めた。

【関連記事】