Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドームツアー中止でも彼らは止まらない。セカオワが見すえる「ライブ」の未来【#コロナとどう暮らす】

配信

BuzzFeed Japan

新型コロナウイルスの感染拡大が、エンターテインメントの世界を直撃している。 人気バンド「SEKAI NO OWARI」は、9月に予定していたドームツアー全5公演を中止。5月27日に発売予定だったベストアルバムのリリースも来年に延期した。 【動画】「懸賞生活」なすびのコロナ自粛を呼びかける言葉が説得力ありすぎる それでも、彼らには不思議なほどに悲壮感がない。 「不自由を自由に転換していけるタイミング」(Saori) 「“ライブの代わり”ではなく対等になれるようなコンテンツを」(Fukase) 6月1日に新曲『umbrella』をデジタル先行配信するセカオワにコロナの影響を尋ねると、予想外に前向きな言葉が返ってきた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】 (取材は緊急事態宣言解除前の5月下旬にオンラインで実施した)

意外とやれる

――みなさん、今はどんな風に生活されているんですか? Fukase:自分なりに趣味を見つけたり、家でできる作品づくりをしてみたりとか。割とこの間のルーティンがしっかりできてしまって、普通の生活に戻れるのか?と心配しているぐらいです。 Nakajin:僕はもともと、デスクワークでパソコンに向かっていることが多かったので。このコロナの生活の中でも、意外とやれることはやれている感じです。 DJ LOVE:ミーティングなどもリモートになってます。KDDIさんのバーチャルイベント(「#渋谷攻殻 NIGHT by au 5G」)にもリモートで出させていただいて。 5Gのイベントだったので、たぶんコロナ関係なくそういう風にやったとは思うんですけど。 このタイミングで、何か新しいものがいろいろ生まれてきてるなっていうのを、目の当たりにしてる感じです。

子どもと過ごす時間

Saori:やっぱり生活が単調になっていくので、(オンラインで)ピアノを習い始めたり、英語のレッスンをしたりとか刺激を入れながら。 だんだんルーティンも決まってきて、この生活が結構気に入りつつあります。 あとは、小説やエッセーを書いたり、レコーディングもリモートでやったりしてますね。子どもがいるので夜も早めに寝るし、朝も8時までには絶対に起きるし。 以前の方がよっぽど不規則な生活をしてたなと思います。 ――保育園の利用も制限されているなかで、リモートで働きながら子どもの世話もするのは大変だという人も多いですが、Saoriさんはいかがですか。 Saori:楽しもうと思ってるところと、大変だなと思ってるところと両方あります。 子どもと一緒にいられる時間が増えたのは、楽しいことのひとつですけどね。今までは、あまり午前中に公園に連れて行ってあげたりできなかったので。

【関連記事】