Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エリザベス女王が公式誕生日で異例のチョイス!…その「ブローチ」に隠されたメッセージ

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

過去1世紀において世界でもっとも長く君臨している君主で、もっとも有名で尊敬を集めている人物のひとりであるエリザベス女王。今もなお圧倒的な存在感を放っている女王は、イギリスを過去65年間、繁栄と困難のどちらの状況にあるときにも治めてきた。そして、女王をはじめとするロイヤルたちはこれまで、そうした「国の安定」を、アクセサリーなど身に着けるもので表現してきた。 【写真】息をのむほど美しい、麗しきロイヤルジュエリーの歴史 たとえば、女王はほぼ毎年、同じ行事には同じジュエリーをつけて出席する。つまり、その慣習が破られたときには、それなりの意味があるということになる。 イギリスでは2020年6月13日、例年より大幅に規模を縮小した女王の公式誕生日を祝うイベント「トゥルーピング・ザ・カラー」が行われた。女王が滞在中のウィンザー城で行い、一般公開せず、小規模な軍の式典とすることになったのは、新型コロナウイルスの感染拡大でソーシャルディスタンスの確保が欠かせないなか、沿道に大勢の人が集まる盛大なパレードの実施や、バッキンガム宮殿のバルコニーにロイヤルファミリーが勢ぞろいすることはできないと判断されたため。

その式典に、女王はいつものように帽子も同色で揃えた鮮やかな色のワンカラースタイルで登場。手には白い手袋、足元は実用的な黒のシューズを合わた。だが、そのコーディネートのなかにはひとつだけ、いつもどおりではないものがあった。それは、女王が胸元につけていたブローチ。 女王はこの行事にはほぼ毎回、「Brigade of Guards(ブリゲード・オブ・ガーズ、陸軍の精鋭部隊)」の紋章をモチーフにしたブローチをつけてきた。主にダイヤモンドが使われているそのブローチは、陸軍の5つの連隊(コールドストリームガーズ、グレナディアガーズ、アイリッシュガーズ、スコッツガーズ、ウェルシュガーズ)のエンブレムをかたどったもの。 王室が所有するジュエリーを紹介するブログ『コート・ジュエラー』によれば、このブローチは「エリザベス女王の叔母、王女メアリーに1922年に与えられたペンダントを作り直したものとみられる」という。

女王は今年のトゥルーピング・ザ・カラーには、ブリゲード・オブ・ガーズではなく、ウェルシュガーズから贈られた別のダイヤモンドのブローチを選んだ。それは、現在ウィンザー城の警護に当たっており、式典を行ったウェルシュガーズへの謝意を示したものとみられている。 女王が意味を込めてブローチを選び、それがきちんと国民に伝わる。なんてエレガントなメッセージの送り方!

【関連記事】