Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

臨床心理士偽り勤務 元市川市職員の女逮捕 賃金約284万円詐取疑い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 臨床心理士の資格があると偽って市川市に勤務し、賃金をだまし取ったとして、市川署は4日、詐欺の疑いで元同市非常勤職員、山下智香容疑者(43)=東京都新宿区市谷砂土原町3=を再逮捕した。山下容疑者は東京都足立区の非常勤職員として勤務しており、容疑を一部否認している。  再逮捕容疑は2018年4月1日~19年3月31日、事前にうその書類などを市に提出し、臨床心理士の資格がある非常勤職員として採用させ、賃金約284万円をだまし取った疑い。  同署によると、市から無資格で勤務する職員に関する相談が寄せられ、同署は顔写真を付け替えるなどして偽造した証明書の写しを市に提出した偽造有印私文書行使容疑で今年7月に逮捕。その後、詐欺容疑について調べていた。  市によると、山下容疑者は当時、発達に課題がある子どもとその家族を支援する発達支援課に所属。13年4月から非常勤職員として勤務しており、障害のある未就学児に対する個別支援業務を担当していた。支援計画を検討し、親子に接することもあったという。

【関連記事】