Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師が回答】コロナでお盆の実家帰省を迷い中。高齢者への感染で気をつける点とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webマガジン mi-mollet

 日本では緊急事態宣言が解除され、県をまたぐ移動をしてもいいと国が認めています。お盆は実家帰省を考えている方もいらっしゃると思います。ですが、同時に高齢者のいる実家へ帰省しても、新型コロナウイルスに感染させてしまう不安があるのも事実。国内で新型コロナウイルスの治療にあたってきた専門医師にどのように対応するのがよいのか、お伺いしました。  

高齢者のいる実家に帰省してもいい?新型コロナウイルスの治療にあたる医師に質問!

 山田悠史/やまだ ゆうじ 米国内科専門医。慶應義塾大学医学部を卒業後、日本全国各地の病院の総合診療科で勤務。2015年からは米国ニューヨークのマウントサイナイ大学関連病院の内科で勤務し、米国内科専門医を取得。国内では全国の総合内科医の教育団体JHospitalist Network世話人やニュースメディアNewsPicksの公式コメンテーター(プロピッカー)等として、国外ではカンボジアでAPSARA総合診療医学会の常務理事として活動を行なっている。 最前線で新型コロナウイルス感染者の治療をされており、新型コロナウイルスに関する記事も多数執筆されている山田悠史先生に、実家帰省の是非についてオンラインでインタビューをさせていただきました。

もし帰省先の家族に持病があるなら、帰省はまだ控えておくのが正解

 高橋:緊急事態宣言が解除され、6月19日に県外への移動も公に認められたことから、だんだんと街に人が増えているように思います。実際に私の周りでも、お盆は実家に帰ろうかなという声も聞かれます。新型コロナウイルス感染者の治療をされてきた山田先生は、帰省をしてもよいと思われますか? 山田先生:私が治療にあたっていた病院は一時、新型コロナウイルス患者専門の病院として稼働していたのですが、今では新型コロナウイルスの患者さんがゼロになったんです。実際に日本での患者さんが減っていると肌でも感じています。 高橋:ゼロになったのはすごいですね! 山田先生:ですが、国が公に移動を認めているとしても、もし帰省先に持病のある高齢者や基礎疾患を持っている人がいる場合は、帰省はまだやめておく必要があると思います。実際に心臓の病気、糖尿病、喘息や肺気腫といった慢性的な肺の病気などをお持ちの方は、持病がない方と比べて致死率が高いということもわかっています。また子供や若い人よりも高齢者の方が重症化する確率や致死率は高くなります。新型コロナウイルスからいちばん守らなければいけない存在なんです。 高橋:自分はまだ若くて元気だから無症状なだけで実は…ということもありますもんね。私の親は高血圧の薬を飲んでいるから、今はまだオンライン帰省にしておこうかな。

【関連記事】