Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Museum from Home:広島市現代美術館「式場隆三郎:脳室反射鏡」

配信

美術手帖

 「式場隆三郎:脳室反射鏡」は、精神科医でありながら、民藝運動、ゴッホ論、精神病理学入門、性教育書にいたるまでの健筆をふるい、約200冊の著書を残した式場隆三郎(1898~1965)の足跡をたどる展覧会だ。  式場隆三郎は新潟県五泉市生まれ。新潟医学専門学校(現・新潟大学医学部)で学び、精神科医として医務につきながらも、大正期の文化環境に触れながら、多彩な文化活動を展開した。民藝運動との関わりも深く、学生時代に柳宗悦を知った式場は、生涯にわたって「私の芸術に関する恩師」と仰いだ。芹沢銈介、バーナード・リーチ、富本憲吉らとも親交を結び、柳宗悦の木喰仏の全国調査にも協力している。  また、式場の功績として語られるのが、フィンセント・ファン・ゴッホの日本への紹介だ。同展では、戦後に式場が全国巡回させたゴッホの複製画などを紹介。これらは、多くの日本人が初めて見たゴッホ作品であり、「炎の人」としてのゴッホ像を決定づけるものとなった。  ほかにも式場は、山下清のプロモーターを務め、初期の草間彌生を支援している。一方で『人妻の教養』『結婚の饗宴』『独身者の性生活』といった著作でジャーナリズムの寵児となり、出版社やホテルの経営にも関わった。  同展はその副題を、可視(科学)と不可視(芸術)の両極を往還したその特異な個性を象徴する言葉として、著書『脳室反射鏡』(1939年)から採る。人間とその生活への深い愛着があふれる式場の多彩な足跡を、約200点の作品・資料を通じてたどる展覧会だ。

【関連記事】