Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダNCシリーズのユーロ5対応800ccエンジンから派生車展開か!?【バイク新車近未来予想】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページでは、ホンダNCシリーズがユーロ5に合わせてエンジンの改良を施すと予想。NC800S/XやX-ADV等への派生車展開について考察する。 〈関連写真×8枚〉ホンダNCシリーズのユーロ5対応800ccエンジンから派生車展開か!?【バイク新車近未来予想】

エンジンを中心に特許申請。ライバル追従で排気量増か

イージーな乗り味やメットインで人気のホンダNC750シリーズと、車体設計を共有する新感覚クロスオーバーのX-ADVがフルチェンジを果たすと予想する。やはりこれらも現行型がユーロ4対応。’21年のユーロ5適用に合わせて改良を施すと見るが、なんと新型エンジンになる可能性も出てきた。  ホンダは’18年にDCT関連の特許を複数申請しており、’20年4月に公開された。図面にはNCらしき車体が描かれるが、エンジンの寸法が従来型よりコンパクトになっている印象。これに合わせて、鋼管フレームが新作となり、車体の軽量化も促進されるだろう。  また、特許によるとセミオートマのDCT機構を小型化。従来のDCTはクランクケースと変速機軸との間に大きなクリアランスが必要だったが、ベアリングを介した二重構造のカウンターシャフトなどでミニマム化に成功した。加えてDCTを動作させるアクチュエーターを横配置からエンジン上に移設し、横幅も抑制されている。  合わせて排気量は800ccにアップすると予想。従来も’12年の初代700から、’14年に750と50cc増加してきた実績があり、800cc台が主流の海外勢にも対抗できる。定番のNCと欧州を中心にブレイクしたX-ADVだけに、全力でテコ入れを図るのだ。

NC800S/DCT:特許図のエンジンでは現行よりコンパクトな印象

NCシリーズにおけるネイキッド仕様で、大型教習車としても活躍中のNC750S。特許図に本作らしきバイクが描かれるが、現行型とシルエットを重ねるとエンジンがかなり小さく見える。一方で、ユーロ5対策のためか腹下の膨張室が大型化。外装はダミーの場合もあるが、タンクやテールの形状も異なる。 〈写真1〉【HONDA NC800S/DCT|予想イメージ】公開されたDCT関連の特許図からNC800S/DCTを予想。

【関連記事】