Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京事変、ドラマ「私たちはどうかしている」主題歌と新曲2曲収録のシングル「赤の同盟」を配信リリース

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 東京事変が、日本テレビ系新水曜ドラマ「私たちはどうかしている」の主題歌に書き下ろした「赤の同盟」を含む新曲3曲を、ニュー・マキシシングルとして、同ドラマの放送スタートと同日の8月12日(水)に配信リリースすることを決定。あわせて、主題歌「赤の同盟」を使用したドラマのPR動画“オールキャスト登場編”と“因縁の二人編”がYouTubeにて公開されています。  ドラマ「私たちはどうかしている」は、講談社「BE・LOVE」で連載中の安藤なつみによる漫画「私たちはどうかしている」を原作として、浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜(はなおかなお)と、横浜流星演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月 椿(たかつきつばき)が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄される物語。主題歌はドラマ・スタッフからの指名を受け、東京事変が制作したもので、作詞を椎名林檎が、作曲を伊澤一葉が担当しています。  主題歌「赤の同盟」とともに配信されるのは、伊澤作曲の「名実共に」と浮雲作曲の「玉座の罠」。ともに椎名林檎が作詞を手掛けています。

【関連記事】