Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ツール・ド・フランス2020 第14ステージ結果速報】リオン市街地での激しいアタック合戦で抜け出しに成功したクラーウアナスンがツール区間初勝利

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

クレルモン・フェランからフランス第2の都市リヨンへ向かう、5つのカテゴリー山岳をのぼる平坦ステージ。アクチュアルスタートで飛び出したエドワード・トゥーンス(トレック・セガフレード)とケース・ボル(チームサンウェブ)の先頭グループにシュテファン・キュング(グルパマ・エフデジ)が追いつく。 第14ステージ:ハイライト動画

最初の4級峠でボルは集団に戻り、メイン集団ではペーター・サガンがマキシミリアン・シャフマン(共にボーラ・ハンスグローエ)を連れてペースアップ、マッテオ・トレンティン(CCCチーム)がついていく。中間スプリントポイントを先行するトゥーンス、キュングに次ぐ3番目に通過し15ポイントを手に入れた。

2級べアル峠でボーラがペースアップをはかり、ついていけなくなる選手が続出。山頂まで1.6kmのところで先頭グループのトゥーンスが遅れ始め、この日敢闘賞のキュングが単独となる。ポイント賞首位のサム・ベネット(ドゥクーニンク・クイックステップ)がついていけなくなる頃には先頭まで5分45秒あったタイム差は3分を切っていた。

残り距離80km地点で先行していたキュングを吸収、メイン集団から2分弱遅れていたベネットグループは追いつくことを諦め、サガンがマイヨ・ヴェール奪還に向けて差を大きく詰めるチャンスを作り出した。

ボーラの牽引にCCCチームも加わり速いペースでレースは進み、チーム ユンボ・ヴィズマが先頭でリオンの市街地へ突入。4級デュシェールでティシュ・ベノート(チームサンウェブ)が最初に仕掛け、ヴァランタン・マデュアス(グルパマ・エフデジ)も抜け出した。

下りでレナード・ケムナ(ボーラ・ハンスグローエ)がべノートをかわし先頭に立つと4級クロワ・ルスへ。トーマス・デヘント(ロット・スーダル)、ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)のアタックは沿道を大いに沸かし、山頂で集団が一つになるとマルク・ヒルシ(チームサンウェブ)がカウンターで抜け出す。下りでサガンが捕え、ラスト3.2kmでアタックしたセーアン・クラーウアナスン(チームサンウェブ)が抜け出すことに成功、15秒のタイムギャップを保ったまま独走でフィニッシュ。

【関連記事】