Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これ1本で味決まる!究極のお手軽料理が作れる「便利な調味料」4選【急に料理が得意になる方法】

配信

クックパッドニュース

毎日の料理は、極力手を抜いてラクをしながらも、ちゃんとおいしく仕上げたいですよね。2020年5月28日に発売された、クックパッド編集担当本部長・小竹貴子さんの新刊『ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる』には、それを叶えるためのシンプルで簡単な料理のコツが満載。この連載では、本書の中から厳選して、すぐに使える“おいしくなるルール”をご紹介します。マスターすれば、急に料理が得意になること間違いなし!  ◇  ◇  ◇

最小限持つのはこの4つ

これまで、サラダならオイルとお酢を1:1、和食ならしょうゆとお酒、みりんを1:1:1とご紹介してきました。味噌汁の味噌などを含め、調味料は最低限、これまでご紹介したものがあれば十分です。シンプルだし、回転がいいので、賞味期限を気にすることもありません。 ドレッシングや市販の「合わせ調味料」を買わなくなると、冷蔵庫もとてもすっきりします。めんつゆや焼き肉のたれなど、どうしても忘れて賞味期限が切れてしまったり、量が多いと冷蔵庫の場所も取ります。 「合わせ調味料は買わない」と決めた上で、最低限あると便利なのが、 ポン酢 オイスターソース 塩麹 トマトケチャップ です。この4つだけは、あれば便利です。食べ慣れているので、比較的飽きるということも少ないし、余裕があるときには、しょうゆなどの基本の調味料と合わせて、より味に深みも出せます。

ポン酢は、すでにお酢としょうゆが混ぜられている

ポン酢(正しくは「ポン酢しょうゆ」)は、みなさんご存じのとおり、柑橘類の果汁と酢、しょうゆが合わさっています。 我が家では、酢の物はポン酢1本です。特に、乾燥わかめと好相性で、わかめと納豆の酢の物やわかめとキュウリの酢の物などは、すぐできる和食の副菜として大活躍。これに、余裕があるときは刻んだ梅干しを加えたり、旨みを足したいときはかつおぶしを加えたりと、アレンジするのも簡単です。 また、ポン酢は韓国風ドレッシングを作るのにも便利です。ごま油をポン酢に同量混ぜるだけでもうドレッシングのできあがり。韓国風ドレッシングはごま油、酢、しょ うゆで作りますが、ポン酢は酢としょうゆがすでに合わさっているから便利です。 さらに、おすすめなのが炒め物にすること。爽やかなしょうが焼きのような味がポン酢1本で出せます。合わせ調味料のいいところは、たくさんかけなくても、すぐおいしくなるところです。

【関連記事】