Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「Go To」利用したい8割超。検討中の旅行先1位「沖縄」除外の「東京」7位。他候補は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

令和2年度「補正予算案額1兆6,794億円」と同年4月に国土交通省が開示した「Go Toキャンペーン事業」。7月16日(木)に赤羽国土交通大臣が記者会見を実施し、「Go To Travelキャンペーン」は予定通り7月22日(水)より開始するものの、東京発着の旅行については当面の間支援の対象外となることを7月16日(木)に発表しました。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)新規感染者が東京で増加していることから、ニュースやSNSで大きく取り上げられる一方で、開始予定日や対象が変更になったり、未だ明らかになっていない詳細があったりすることから「分かりづらい」などの声も多く聞こえています。 今回は「エアトリ」が男女7,787名を対象に行った「GoToTravelキャンペーンに関する調査」をもとに「GoToTravelキャンペーン」についての利用意向やどんなことに危惧しているのかを、みていきましょう。

「GoToTravelキャンペーン」を利用して旅行したい?

86.7%もの人が「GoToTravelキャンペーン」を利用して旅行をしようと「考えている」と回答しました。今までの自粛で旅行意欲が高まっている上に、今回の大きな割引は多くの人たちを魅了しているようです。

現在の国内旅行に対する意向は?

最も多かった回答が「GoToTravelキャンペーンが始まったら旅行に行こうと思っている。」(45.2%)となり、「GoToTravelキャンペーン」の開始によって国内旅行者が一気に増えることが窺えました。また、「GoToTravelキャンペーン前でも旅行に行く予定がある/行こうと思っている。」は33.5%の一方で、「GoToTravelキャンペーンが始まってもまだ旅行に行くつもりはない。」は4.5%に過ぎず、世間の外出自粛意識は緩和されていることが分かりました。性別年代別でも、割合は若年層が若干多かったものの、全ての世代において7割超えとなり、全世代性別において旅行意欲が高まっています。

【関連記事】

最終更新:
LIMO