Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

まるでダビスタ!? “金子馬”の結晶ジャカランダレーンに★8つ【2歳馬チェック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
優馬

来春の桜まで視界に入る ジャカランダレーン

7/4(土) 阪神5R 2歳新馬 芝1400m ジャカランダレーン 牝 馬体重:434kg ★★★★★★★★ 8点 騎手:福永 厩舎:(栗) 中内田 生産:ノーザンファーム 馬主:金子真人ホールディングス 父ラブリーデイ 母ウリウリ(ディープインパクト) 【写真】母ヒカルアマランサスの1.4億円馬ホウオウアマゾン 抜群のスタートから好位に控えて折り合いもバッチリ。4角~直線入口でジリジリと外に持ち出して、あとは突き抜けるだけというレースぶり。仕掛けてからの反応も鋭く、重馬場ながらラスト3Fが12秒5-12秒4-12秒3と加速ラップを刻み、まだまだ奥行きを感じさせる勝ちっぷり。完成度が高く、来春まではこの馬が牝馬戦線の主役を張っても不思議はない。 ■馬体診断 初仔ということもあって430キロ台と小柄なサイズ。とはいえ、母もデビュー時から最終的に20キロ以上も馬体を増やしており、成長の余地はある。体型的にはマイル前後が適条件だろう。仕上がりの良さが目立っており、力強さと柔らかさが両立した脚捌きもポイントが高い。シッカリとしたフットワークで道悪適性も示したし、中々の好素材。 ■血統診断 この血統の最大のポイントは父・母だけでなく、父父・父母・母父・母母までもが「金子オーナーブランド」という点。ダビスタやウイニングポストといったゲームでも中々お目にかかれない血統構成だろう。父がキングカメハメハの直系&母父ディープインパクトという組み合わせはキセキ(菊花賞)、ファンタジスト(京王杯2歳S)など好相性を証明済み。父は1400m~2400m、母は1200m~1600mで好走歴があり、守備範囲は第一印象よりも広め。 将来性まとめ→1400mデビューだが、操縦性が高く気性・血統的にも距離延長はOK。現時点での完成度は高いが、成長の余地も十分に感じさせる1頭。

【関連記事】

最終更新:
優馬