Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「お前は悪くない、悪いのは千賀」驚愕の2本塁打を放った鷹・柳田が後輩にかけた言葉

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

2番に入り、本塁打2発で5打点「気持ちで打ちました」

■ソフトバンク 8-7 オリックス(11日・PayPayドーム)  ソフトバンクの柳田悠岐外野手が11日、PayPayドームでのオリックス戦で2本塁打、5打点の活躍を見せた。1本目の13号は滞空時間の長いアーチ。2本目は右手1本で右翼ホームランテラスへ運ぶ驚きの14号3ラン。お立ち台に上がった柳田は、1イニング2失策の川瀬晃内野手を思いやると同時に、球場のファンを笑わせる粋なひと言を語った。 【動画】なぜこれで本塁打になるのか… 敵も味方も驚愕したソフトバンク柳田悠岐の14号逆転3ランの映像  チームは2回までに5点を奪い、マウンドの先発・千賀も好投を続けていた。しかし、5回に川瀬の2失策から一気に6点を奪われ、オリックスに逆転を許した。この嫌なムードを振り払ったのが柳田だ。6回、右翼のホームランテラスに再逆転の3ランを放り込んだ。 「(川瀬)晃が四球を選んで塁に出てくれたので何とかしたいなと、それだけを考えていた。技術的なことはわかんないですけど、気持ちだけで打ちました」  ホームイン後には、1死から四球を選んだ川瀬のヘルメットを何度も叩いたが、その時に川瀬に対して何かをつぶやいていた。 「お前は悪くない、千賀が悪いんだ、と言いました。明日からも(川瀬に)気持ちよく野球をやってもらいたいんで。そういう意味でも打てて良かったです」  同期の千賀をあえて悪者にして球場の笑いを誘ったが、すべては柳田ならではの川瀬に対する思いやりだ。柳田の再逆転弾で千賀に貴重な白星がついたこともあり、いじられた千賀もきっと納得していることだろう。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

【関連記事】