Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ムーギー・キムが明かす「世界トップエリートのコミュ力はココが違う」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
PHP Online 衆知

世界的VIPが絶賛した「コミュ力」の秘訣を”グローバル・エリート”ことムーギーキム氏が初めて明かした新著『世界トップエリートのコミュ力の基本 ビジネスコミニュケーション能力を劇的に高める33の教訓』(PHP研究所)。 ムーギー氏と、プロコーチのMANABICIA代表で、現在は社外メンター事業を行っている池原真佐子氏との対談をお届けする。(構成・文:田村知子)

大人の成長過程は面白い

【ムーギー】本日は、MANABICIA代表の池原真佐子さんをお迎えして、「コーチングの基本10か条」を伺っていきます。まず、真佐子さんの自己紹介とあわせて、コーチングに出合われたいきさつからお話しいただけますか。 【池原】私は大学、大学院で成人教育を専攻していました。大人はどのような場面で変化し、成長し、スキルアップしていくのかといったことに興味があったんですね。 コーチングに出合ったのは、社会人3年目でキャリアについてモヤモヤと迷っていた時期です。そこで初めて、自分自身のキャリアをどうしていくかを考えた時に、コーチングという手法があることを知り、学び始めました。 【ムーギー】コーチングのどんな点に関心を持たれたのでしょうか。 【池原】自分の潜在能力を引き出して、より望む未来に連れていってくれる手法、というところでしょうか。コーチングを学んだことで、さらに人の成長への関心が高まり、人材開発の仕事に関わるようになりました。 その後、シンガポールにあるビジネススクール・INSEADの修士過程で専門的にコーチングを学び、コーチとして活動していた頃がありました。 現在は自分の会社MANABICIAで「Mentor For」という、女性リーダー育成に特化した「社外メンター」育成・マッチング事業を行っています。(メンタリングは、コーチング技法に加え、積極的なアドバイスや知見のシェアを行っていくという点でコーチングとは異なっています。) ただ、今日はコーチングについてということですので、その辺りを中心に私の経験からお話をしたいと思っています。

【関連記事】