Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シュティンドル2発のボルシアMGが4位浮上!《ブンデスリーガ》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

ボルシアMGは20日、ブンデスリーガ第33節でパーダーボルンとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 【動画】マルクス・テュラムが偉大な父から学んだこと 前節ヴォルフスブルク戦を快勝し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位レバークーゼンを1ポイント差で追う5位ボルシアMG(勝ち点59)は、テュラムとプレアを引き続き負傷で欠く中、前節に続きエンボロが最前線で起用された。 前節降格の決まったパーダーボルン(勝ち点20)に対し、ボルシアMGは開始4分に先制する。シュティンドルのスルーパスに抜け出したエンボロのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをヘアマンが押し込んだ。 前がかるパーダーボルンに対し、15分にJ・ホフマンの直接FKで追加点に迫ったボルシアMGは、続く24分にはJ・ホフマンのラストパスからエンボロが決定的なシュートを放つが、枠を捉えきれなかった。 さらに28分にはノイハウスのミドルシュートで追加点に迫ったボルシアMGが主導権を渡さず前半を1点リードで終えた。 迎えた後半、エンボロやヘアマンに決定機が訪れたボルシアMGだったが54分、ミヒャエルにミドルシュートを叩き込まれ、追い付かれる。 しかし直後、シュティンドルがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。このPKをシュティンドル自ら決めて勝ち越すと、65分にはエンボロがヒューネマイアーに2枚目のイエローカードを出させてボルシアMGは数的優位となった。 そして73分にオフサイドトラップをかいくぐったベンセバイニのアシストからシュティンドルがこの試合2ゴール目を決めて勝負あり。同時刻に行われていた試合でレバークーゼンがヘルタ・ベルリンに敗れたため、ボルシアMGが最終節を前に4位に浮上している。

超WORLDサッカー!

【関連記事】