Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【試乗速報!】ドゥカティ ストリートファイターV4S 「ネイキッドで208馬力を操れるのか?」

配信

モーサイ

パニガーレV4の要素を継承したネイキッドモデル、ストリートファイターV4

通常、スーパースポーツマシンをベースとして作られるネイキッドマシンは、出力特性を低中速よりにするなどの改良のほか、最高出力を大幅にダウンさせて登場することが常。 しかし、このドゥカティ ストリートファイターV4はベースとなるスーパースポーツ・パニガーレV4の214馬力に対し、208馬力というほとんど変わらない驚愕のスペックを有している。 【画像ギャラリー12点】4枚のウイングをまとった攻撃的な姿のストリートファイターV4 車体をみれば、V4エンジンの存在感が独特のオーラを放つ。 そしてまたがってみると、やはり前輪荷重を確保するためであろう、ネイキッドマシンとしては前傾が強めで、パニガーレV4に比べてシート高も高い

エンジンを始動すると、周りの人が振り向くほどの迫力あるサウンドを放つ。 V4エンジンで多くのライダーが記憶にあるのは、ホンダのVFR系サウンドではなかろうか。その「ヴォーヴォー……」という断続音がV4のサウンドと認識している人も少なくないと思うが、ドゥカティのV4は同社伝統のLツインエンジンに似つつ、それがより細かいリズムになったかのようなサウンドでなかなか刺激的だ。 迫力あるサウンドは別格としても、普通に走り出せるではないか! という驚きがファーストインプレッションだ。 サスペンション、そしてタイヤのクッション性もあり、ゴツゴツした感触がないのは想定外で、シートの座り心地も良好だ。本領を発揮するのはサーキットやワインディングだろうが、例えばそこに行くまでの道中にストレスがあるかといえば、さにあらず。 そういった意味で、キャラクターは大きくパニガーレV4と異なっている。

さすがにストップ&ゴーの多い街中では快適とは言えないものの、少しスピードが乗ってくるとマシンとの一体感が高まってくる。 それは100km/hオーバーとか、あるいは200km/hオーバーとかいった非現実的な速度域でなく、60km/h程度でのスピードでも感じられるのである。 特に高速道路では、やや前傾気味と感じたライディングポジションがうまく風の抵抗とバランスして、ちょうどいい姿勢を保つことができる。

【関連記事】