Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤクルト劇的サヨナラ勝ち 代打・川端が決めた「足が震えました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「ヤクルト6-5巨人」(25日、神宮球場)  首位巨人との第2ラウンドは高津ヤクルトに軍配は上がった。土壇場の九回に同点に追いつかれながら、直後の攻撃で代打川端慎吾内野手のサヨナラ打で劇的勝利。神宮球場に鮮やかな傘が揺れた。 【写真】シビれた!殊勲打を放ちナインからもみくちゃにされる川端  先発・小川が立ち上がりに1点を失ったが、味方がすぐさま援護した。山田哲が二塁打でチャンスメークすると、続く青木が6号逆転2ランを右中間席へ。有観客2試合目でファンの待つスタンドへと思いを届けた。  さらには五回。2四球でチャンスを作ると、この日5番に抜てきされた山崎が起用に応える右前適時打を放つ。相手のミスも重なり、この回2点を追加すると、六回には初先発となった広岡に待望の一発が出た。  そして九回。巨人の守護神・中川に襲いかかり、最後は1死満塁から川端が三遊間を破った。ベテラン、若手がそれぞれ持ち味を発揮した。ヤクルトのサヨナラ勝ちは今季3度目。川端のサヨナラ安打は18年8月14日・巨人戦(神宮)での二塁打以来、4度目。  サヨナラ打の川端は「打てて本当に良かったです。緊張して足が震えました」と振り返った。今年1月に腰の手術を受け、キャンプにも参加できなかった。「やっとここまで来ることができ、お立ち台に立てるのが不思議で仕方ないです。久しぶりに温かい声援いただいて本当にうれしく思います。本当に力になります」とファンに感謝した。  最強の土曜日だ。これで開幕から6戦全勝中。首位巨人に2・5差に迫った。

【関連記事】