Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

100周年のマツダの旧車8台があまりに名車揃いすぎて改めて驚く!

配信

Auto Messe Web

マツダ創業100周年で振り返りたい個性派車

 マツダといえば、ユニークで独自色の強いクルマ作りを行なってきたメーカーだ。そもそも広島発というのも他メーカーとは一線を画している。ルーツは1920年にできた東洋コルク工業というコルク製品を作っていたメーカーで、1921年に現在の社名の元にもなっている松田重次郎が社長になってから、工作機械や削岩機などの生産にも力を入れるようになっていった。 個性が際立っているマツダの名車8台、コスモスポーツやルーチェ、ロードスターなど【画像22枚】  エンジンだけは先に作っていたこともあり、1930年にはオートバイを生産・販売。その後、1931年には3輪トラックを生産開始している。ただ3輪トラックとはいえ、オートバイの後ろを2輪にして荷台にしたものだった。今でいうところの軽トラ的な存在で、配達などに用途があった。ちなみに初のモデルはマツダ号「DA型」と呼ばれたが、タンクにはなんと三菱のロゴが入っている。これには理由があり、販売を三菱商事が担当したからなのだという。また、戦前から輸出にも力を入れていたのが注目される。今回はマツダ100周年ということで、エポックなクルマたちを振り返り見ていくことにしよう。

【R360クーペ】  1960年に登場した、マツダ初の乗用車。オート3輪の需要に陰りが見えたこともあって、マイカーブームを見越しての転換を受けての登場だった。  宇宙船のような斬新なデザインに加え、軽自動車初のATを採用しているなど技術的な見所もあり。これは岡村製作所製(現在は事務機器でお馴染みのオカムラ)のトルコンを使ったものだった。  他にもモノコックボディや4輪独立懸架のサスペンション、また鋳鉄製が当たり前だった当時としては画期的なアルミ合金やマグネシウム合金を使ったエンジン(通称、白いエンジン)など、独自性際だつ意欲作だった。このあと、1962年のキャロル360へとつながっていく。 【コスモスポーツ】  普通車の市場に対してマツダは初代ファミリアのライトバンを発表して進出を狙っていたが、乗用セダンタイプのファミリアは1964年に市販化される事になる。そして1967年、市場にマツダのイメージの楔を打ち込むべく続いたのが、ロータリーエンジン搭載のコスモスポーツだ。  1963年から東京モーターショーの前身にあたる全日本自動車ショウに出品していたこともあって、前評判は上々だった。ただ、今でも語り継がれるロータリーエンジンの実用化には手こずり、発売までに時間がかかったし、発売してからも改良が頻繁に行なわれた。  今見ても画期的なデザインは小林平治という社内デザイナーが手がけたものだ。 【ルーチェ】  コスモスポーツでロータリーエンジンを市販化したのち、マツダはセダンなどにもロータリーエンジンを搭載するようになっていく。  そのなかでも1969年に登場したルーチェロータリークーペは世界に名を轟かせるイタリアンのジウジアーロのデザイン。ハイウェイの貴公子という愛称で呼ばれるほど美しいデザインで大きな話題となった。  ただ当時で150万円前後という高額な価格もあって(消費者物価指数で言えば現在ではおおよそ3倍の450万円)、成功したとは言えなかった。ちなみにロータリーエンジンはさまざまな車種に積まれ、パークウェイロータリー26というマイクロバスも登場した。 【サバンナ】  ロータリーエンジンといえばスポーティなイメージが強い。1968年のファミリアロータリークーペや1971年に登場したサバンナなど、マツダは続々とロータリーエンジン車を輩出してきた。レースでも大活躍し、今でも日産のスカイライン“ハコスカ“との死闘は伝説になっているほどだ。進化を遂げたパワーアップREエンジン12A型を搭載したサバンナGTも市販されてゆく。  サバンナGTは精悍な顔つきから、当時、一部の若者を風靡していた暴走族にも愛され、社会問題になったほどだ。 【RX-7】  マツダを代表するスポーツカーとしてお馴染みのRX-7。初代はオイルショックの影響をものともせず1978年に登場。ロングノーズのスタイルやターボとの組み合わせで、人気を博した。  2代目は1985年に登場して、エンジンも12A型から13B型へと進化。スタイルが似ていたポルシェ944と比較されることが多かったが、性能は凌いでいるとされ、話題になった。  そして3代目は、究極のロータリースポーツとして今でも人気が高いのはご存知のとおりだ。 【FFファミリア】  映画『幸福の黄色いハンカチ(松竹)』で武田鉄矢と桃井かおりが乗って話題になった4代目ファミリア。こちらはFRだったがその影響も受けてか、1980年に登場したFFの5代目は大ヒットとなった。  直線を基調としたクリーンなデザインは新時代を予感させるものだったこともあって、若者にとくに人気があった。当初はサーファーがよく乗っていたことから、真似して乗る陸サーファーが大量に出現。サンルーフが付いた、赤いXGはとくに人気で、カローラやサニーよりも売れた。 【ユーノスコスモ】  すでに紹介したコスモスポーツの系譜だが、直接的には2ドアハードトツプのコスモAPの後継車となる。注目はあとにも先にも市販化されていない、3ローターである20B型を積んでいることだ。  しかもツインターボを組み合わせていて、当然ながら馬力は280psを発揮。実燃費は3km/Lとも言われていたが、天井知らずの滑らかな吹けはなにものにも代え難かった。GPSのカーナビを世界で初採用していて、バブルの申し子的なクルマと言っていい。 【ロードスター】  詳しく説明するまでもないクルマだろう。1989年に登場したロードスターは、またたく間に世界的なヒットとなった。  イギリス流のライトウエイトスポーツを現代流に解釈したコンセプトは、世界中の自動車メーカーに衝撃を与え、メルセデスベンツ SLK、BMW Z3、ポルシェボクスターといったプレミアムブランドから、フィアットバルケッタ、ローバーMG Fなどが続々と登場した。

近藤曉史

【関連記事】