Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤマハ新旧TMAX560vs530スポーツ走行対決〈後編:筑波サーキット激走比較〉

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

マキシスクーターの雄として欧州&日本を席巻したヤマハTMAXが、+31ccの排気量アップを受けて、560ccとなる7代目に進化。そしてTMAXと言えば、SSも顔負けの高いスポーツ性がウリ。そこでこのマシンの絶対性能を探るべく、サーキットに新旧モデルを持ち込み、テスター丸山浩が激走チェックを行った。 【関連写真×10枚】ヤマハ新旧TMAX560vs530スポーツ走行対決〈後編:筑波サーキット激走比較〉

乗ってすぐに分かる560の爽快加速感

まずは7代目TMAXのスペックからおさらいしておこう。排気量は従来の530ccから561ccへと+31ccアップし、馬力は2psアップの48ps。新たにユーロ5に対応しており、本来はこれがエンジンが変わった一番の理由だ。この新エンジンで私が注目したのが最大トルク。エンジンは2mmボアアップと吸気バルブの拡大により、発生回転数は同じ5250rpmながら53Nm(5.4kg-m)から56Nm(5.7kg-m)へと、実に約6%のアップとなった。エンジン以外では、見直しが行われたCVTベルトや自動変速タイミングも加速性能向上に貢献しているだろう。車体も2kg増とそんなに重くならず、サスペンション設定も見直されるなど細部まで手が入っている。 それでは走ってみよう。トラクションコントロールはTモードとSモードの2つがあるが、一般的に使うことの多いTモードでテスト。結果はデータログを見るまでもなかった。出だしからして「あぁ、これは新型が段違いで速いな」と思わせるダッシュ力だ。タイムは旧型が45.652秒。これでも十分に速い。そして新型は42秒台に迫らんとする43.058秒。筑波を走っている人なら分かると思うが、これは普通のバイクでも難しいタイム。もうスクーターの出すタイムではないね。最高速に関しても旧型109.32km/hに対して新型121.79km/hと、253mしかない筑波コース1000のホームストレートで随分と大きな差がついた。最高出力は約3.5%くらいしか変わっていないので、どちらかというとこれにはトルクとCVTによる加速性能アップが大きいと走ってて実感。どのコーナー立ち上がりでも、素早く伸びていくのが手に取るように分かる。同時に加速での爽快感も飛躍的に高まっている。  ハンドリング自体に違いは感じられないが、新旧とも驚くほどバンクするのもTMAXらしい。本来はサーキットを走るマシンではないけれど、このポテンシャルの高さは変わらぬ魅力だ。

【関連記事】