Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カープのドラ4は出世枠! ルーキー韮沢雄也の素顔に迫る。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 佐々岡真司監督が「100点満点」と称した昨年のドラフト会議で、カープから堂々の4位指名を受けたのが韮澤雄也だ。走攻守三拍子揃った期待のホープで、早くから次代のショートストップ候補として注目を集めている。ライバルひしめくカープ内野陣で頭一つ抜け出すのは至難の業だが、18歳の新鋭が先行き不透明な状況の中でも一心不乱に白球を追い続ける。 【写真】過去カープの4位入団選手には「孤高の天才」と呼ばれたあの打者も  韮澤が初めて野球に触れたのは、小学1年生のときだ。出身地の新潟で地元の野球チームに入団し、投手やショートを兼任。当時は体も小さく目立つ存在ではなかったが、中学進学と同時に体も一気に大きくなった。体だけではなく野球のレベルも急上昇。ポジションをショートに一本化してからは、年を追うごとに周囲から一目置かれる存在となっていった。  名門の花咲徳栄高でも素質を見込まれ、入学直後からベンチ入りを果たした。その年の夏の甲子園で同校の優勝を経験するなど、その後も順調にエリートコースを邁進。肉体、技術、精神の全ての面で、目を見張るほどの急成長を見せていった。 「(花咲徳栄高は)練習量がとにかく多く、そしてキツかったです。オフも短くて体力面だけではなく、精神面でもかなり鍛えられたと思います。高校1年の時に甲子園に出場できて、しかも日本一になったのはすごく思い出深い出来事です。また、高校最後の夏はレギュラーとして甲子園に出場することができましたし、それもすごくうれしかったですね」  小さな頃からプロを目指して、真摯に野球に取り組んできた。そんな韮澤が本格的にプロ入りを意識したのは高校2年生の冬。線の細さを解消するため肉体改造に着手し、監督のアドバイスを元に積極的に意識改革にも取り組んだ。

キャンプで体感した球界トップクラスの守備  意識の変化は結果にも現れた。3年連続で夏の甲子園を経験すると、直後にU-18ワールドカップ日本代表に選出され出場。本職ではないファーストでベストナインに輝き、打者としても3番で29打数10安打という桁違いの成績を残してみせた。木製バットへの高い順応性を見せたことでスカウトからの評価もさらに強固なものとなった。  そしてドラフト4位でカープから指名を受け、プロの世界への挑戦権を得ると、韮澤は春季キャンプで偶然にも日本球界屈指の高レベルなプレーに直面する。 「キャンプの時期は高校時代とは全く違うすごくレベルの高いプレーを見ることができていたので、充実していたと思います。沖縄のキャンプでは菊池さん(涼介)や、長野さん(久義)がいらっしゃったので、学べることは全部吸収してやろうと思って見ていました。(菊池さんは)本当にすべてのプレーがうまくて、球際も強いですし、体幹の強さにも驚きました。プロに入ってすぐにトップクラスのプレーを間近でみることができたのはとても大きかったと思います」  カープの内野は狭き門だ。ショートに限っても田中広輔と小園海斗が熾烈なポジション争いを繰り広げ、二軍でも中神拓都ら若鯉たちが虎視眈々と昇格の機会をうかがっている。現在は練習時間が限られる状況だが、高卒野手とはいえ1秒たりとも時間は無駄にはできない。 「(同じポジションで一学年上の)小園さんの存在は甲子園で活躍されていた頃から知っていますし、守備の動きが早かったり、打球の質が全然違いました。カープに入ってからも1年目からホームランを打ったりして『ああいうレベルの人がプロで活躍するんだな』と思っていました。正直まだまだ小園さんと比べられるほどの選手ではありませんし、力が足りてないことは自分でもよく分かっています。ただ、簡単にあきらめてしまうのもよくないと思いますし、今できる部分をしっかりアピールして、いずれはライバルと呼ばれるぐらいになっていきたいです」

【関連記事】