Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

外来植物 見分け方学ぶ 立山弥陀ケ原で研修会

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

■指導者養成へ  外来植物除去の指導者を養成する研修会が立山・弥陀ケ原周辺であり、県ナチュラリスト協会員31人が在来植物との見分け方などを学んだ。  富山市科学博物館の太田道人専門官ら3人が講師を務めた。参加者は3班に分かれ、外来植物の生息状況を教わり、ヨモギやイタドリの在来植物との違いを確認した。  除去活動を効率的に行うため、県が毎年開いている。

【関連記事】