Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BugLug、“反コロナ”を掲げたアルバムと有観客ライブを発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
E-TALENTBANK

始動10周年を迎えた今年の8月に新ドラマー“悠介”が加入し、新体制となっての初ライブを去る9月21日に『BugLug ONLINE LIVE 2020 9/21 Epoch Making,Decision Making』と題して生配信したBugLug。その配信内で、アルバムリリースと有観客ワンマンライブ開催という2つのニュースが発表された。 11月24日にリリースされるアルバムタイトルは『Rock Band Is Not Dead』、そしてタイトルとは別に「Fuck The CORONA collection」という冠がつけられている。 世界的に大きな被害を与えている新型コロナウイルス。もちろんロックバンドも活動にも大きな打撃を与えているが、タイトルや冠からも「この苦境に抗っていく!」という彼らのメッセージが受け取れる。 収録内容は、彼らがこれまでに発表した作品の中から、『V.S』『KILLER×KILLER×KILLER』『THE DEAD MAN’S WALKING』など「逆境に立ち向かっていく」メッセージが色濃く打ち出された作品を集めたコンセプト・ベスト・アルバムとも言える内容。さらには、このコロナ禍の中で制作し、現在ダウンロード配信のみで発表されている『絆・創・幸』『人間へと帰りたい』も初CD収録。 そして注目すべきは新たに書き下ろされる新曲が収録される点。この新曲が新体制での正式な初音源となるので、ファンならずとも最注目楽曲であるのは間違いない。 このアルバムは既存曲と新体制BugLugの楽曲を両方楽しめると同時に、彼らの強いメッセージが新旧体制問わず、一切ブレずに貫かれている事を感じる事が出来る作品と言えるだろう。 そしてもう1つのニュースである有観客ワンマンライブの開催。アルバムタイトルと同じく『Rock Band Is Not Dead』と題されており、アルバムに冠された「Fuck The CORONA」のスピリッツが盛り込まれたライブになることが予想される。 BugLugにとって約8カ月ぶりとなる有観客ライブであると同時に、新体制での初生ライブとなる。開催日はアルバム発売日と同日の11月24日(火)、会場はSHIBUYA PLEASURE PLEASURE。公演詳細、チケット発売などは後日発表とされているので、オフィシャルサイトやSNSをぜひチェックしてみてはいかがだろう。 これら重大発表が行われたBugLugの新体制初ライブ『BugLug ONLINE LIVE 2020 9/21 Epoch Making,Decision Making』は9月24日までアーカイブが配信されている。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】