Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石川遼「一丸となって盛り上がる日は必ず来る」チャリティマッチは宮里&深堀勝利

配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

日本テレビ放送網は5日、栃木県の日光CCで開催予定だった「日本プロゴルフ選手権」(7月2日~)が新型コロナウイルスの影響で見送られたことを受け同CCで実施した石川遼、倉本昌弘、宮里優作、深堀圭一郎のチャリティマッチを放送した。 【写真】昨年の日本プロは劇的な展開で石川遼が優勝した 石川&倉本、宮里&深堀のペア戦はイン9ホールのスコアで全員がティショットし2打目からはチーム内で良い方のボールを選ぶスクランブル方式で実施。宮里&深堀が8アンダーとし4アンダーの石川&倉本を破った。 両チームのイーグル、バーディ数に応じて「24時間テレビチャリティー委員会」に寄付するチャリティチャレンジ(1イーグル80万円、1バーディ40万円)は、宮里&深堀が2イーグル4バーディ、石川&倉本が4バーディで総額480万円だった。 前年の「日本プロ」を制した石川は「また必ずファンの皆さんと一丸となってゴルフ場全体で盛り上がる日は必ず来ると思うので、心置きなくハイタッチする日がくるよう、今できることを頑張りたい」とコメント。深堀は「なかなかプレーする姿をお見せする機会はないけど、今回をきっかけにゴルフをやりたいという人が増えること、やれる環境になることを願っています」と語った。 国内男子ツアーは1月「SMBCシンガポールオープン」を開催後ツアー競技は行われておらず、7月9日からの「ゴルフパートナーエキシビショントーナメント」は賞金ランキング加算対象外の非公式で実施。ツアー再開は最短でも9月3日開幕の「フジサンケイクラシック」(山梨・富士桜CC)になる。シニアツアーは7月30日からの新規大会「ISPS HANDA コロナに喝!! シニアトーナメント」(静岡・朝霧カントリークラブ)の開催を予定する。

【関連記事】