Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

劇場版セーラームーン、特報映像・ティザービジュアル解禁 新キャストに松岡禎丞が登場

配信

エキサイトニュース

今年9月11日(金)に待望の最新作劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」《前編》が公開となり、25年ぶりに劇場に帰ってくることが明らかになった。 本作では、今世紀最大の皆既日食の日、月野うさぎとちびうさのもとに突如ペガサス(エリオス)が現れ、うさぎたちに助けを求めるところから物語が動き出す。ちびうさとエリオスの淡い恋とセーラー戦士たちの成長が描かれており、「どんな時でも絶対にあきらめない心」「仲間を信じ、守り抜く強さ」そして「恋のときめき」が、スクリーンに鮮やかによみがえる。

この度解禁された特報映像の冒頭を飾るのは、90年代のTVアニメシリーズのオープニング映像。あの頃の記憶を呼び覚ますような「ムーンライト伝説」の印象的な鐘の音とともに、一気に今作の世界へと色づいていく。普通の女の子ながらも、運命に立ち向かい凛々しく戦う戦士としての強さ、そしてあの頃あこがれた世界が新たな映像として次々によみがえる。そして物語のはじまりで重要なシーンでもある、うさぎとちびうさ、ペガサス(エリオス)との出会いのシーンが映し出される。

特報映像にも登場するうさぎとちびうさたちのもとに助けを求めて突如現れたペガサス(エリオス)を演じるのは、「ソードアートオンライン」キリト役、「鬼滅の刃」嘴平伊之助役、「食戟のソーマ」幸平創真役など、数々の人気アニメに出演する松岡禎丞(よしつぐ)が抜擢。エリオスは「触れたら壊れてしまいそうな儚いガラス細工のような繊細さ」と「しっかりとした信念」をあわせ持つ、本作の中でも鍵を握る重要なキャラクター。そんなエリオスを演じるにあたり、松岡は「妥協は一切しないで、いつもどおり全開でやらせて頂いております」とコメントしている。

小さい頃から知っているセーラームーンへの出演が決まったと聞いて、ビックリしたのと同時に感動と過去がフラッシュバックし、 色んなモノが混ざった、よくわからない感情が心の中を駆け巡りました。一言で集約すると凄く嬉しかったです! 私が演じるエリオスは触れたら壊れてしまいそうな儚いガラス細工のような印象ですが、信念はしっかりしたものがあるキャラクターです。アフレコに臨むにあたり、エリオスの生きた人生とセーラームーンの世界観を読みといていたら、すぐに松岡の頭からの指令で「禎丞、これは行ける。『自然に演じるんだったら』これで行こう」と、 いつもの“お告げ”が来たので、無理なく精一杯演じました。妥協は一切しないで、いつもどおり全開でやらせて頂いておりますので、ぜひ今回のストーリーを堪能して頂けたらと思います。

【関連記事】