Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〈今夜の自腹飯〉〆の焼おにぎりまで海鮮づくし。“山”でいただく絶品の海鮮料理

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食べログマガジン

〈今夜の自腹飯〉

予算内でおいしいものが食べたい! インバウンドの増加や食材の高騰で、外食の価格は年々あがっている。一人30000円以上の寿司やフレンチもどんどん増えているが、毎月行くのは厳しい。デートや仲間の集まりで「おいしいものを食べたいとき」に使える、ハイコスパなお店とは?

クリスマスイブにオープンした和の居酒屋

「絶品の海鮮料理を代官“山”で食べる」。そんなことを言うと怪訝な顔をされそうだが、そして、その代官山駅から徒歩5分ほどの場所にあるのが「オ山ノ活惚レ」だ。

一度聞いたら忘れられないほど強く印象に残る店名。そこから海鮮料理をイメージするのはなかなか難しいものがある。同店は2019年12月24日のクリスマスイブにオープン。クリスマスのイメージとは程遠い和の居酒屋だが、これは店主の松永大輝さんが「洋食店が多い代官山に、気軽に入れる和の店をつくりたかった」との思いで開店したもの。ある意味、松永さんからこの街への、粋なクリスマスプレゼントだったわけである。

“谷”から上った“山”にある店

松永さんは同店から徒歩5分の場所に「活惚れ」という居酒屋を営んでおり、同店はその2号店にあたる。店名の「活惚レ」とは、松永さんの地元、静岡・清水の夏祭りで老若男女が一丸となって踊り、弾ける「かっぽれ」から取ったもの。自分の店も同じように幅広い客に親しんでもらえればとの思いを、この店名に託したのである。

なお、「活惚れ」の住所は渋谷区鶯谷町。 代官山の「オ山ノ活惚レ」は、地理的にそこから上った場所にあるため「谷から上った場所」との意味をこめて、前に「オ山ノ」を付けて「オ山ノ活惚レ」とした。

ウニとイクラが鮮やかな、“ばくだん”料理

同店は海鮮料理が売り物の店だけに王道の刺身もいいが、ちょっと変化球をきかせて「『極上』海鮮納豆」を頼んでみるのも悪くない。このメニュー、数種の刺身、たくあん、キュウリを小さく刻み、挽き割り納豆と共に皿に盛り、さらにウニ、イクラ、卵黄を加えて、白ゴマと万能ネギをちらしたもの。濃口醤油をかけてよくかき混ぜ、海苔で巻いて食べる。口の中でごちそう感が躍動し、濃厚な味わいを洗い流すかのように酒がすすんで仕方ない。

【関連記事】