Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤井聡太七段、順位戦B級2組初戦 同時昇級・佐々木勇気七段と対局開始/将棋・順位戦B級2組

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が6月25日、今期から参加する順位戦B級2組1回戦で、佐々木勇気七段(25)と午前10時から対局を開始した。両者の対戦は、佐々木七段が、藤井七段の連勝を「29」で止めた2017年7月の竜王戦本戦以来、約3年ぶり2度目。「藤井フィーバー」再来を予感させる盛り上がりの中、若き才能が再び激突する。 【画像】藤井聡太七段の通算成績  両者の初対戦は、藤井七段がデビュー以来29連勝と、日本中の話題となっていたころ。前人未到の30連勝がかかった対局で、先輩棋士の意地を見せたのが佐々木七段だった。その後、藤井七段は着実に成長を遂げ、今月4日には史上最年少でのタイトル挑戦も決めた。佐々木七段も通算勝率で6割台後半をキープし、直近では竜王戦2組ランキング戦で優勝、1組昇級と本戦出場を果たした。  ライバルとも目される両者は今期からB級2組に同時に昇級。C級1組で藤井七段は10戦全勝、佐々木七段は9勝1敗だった。藤井七段は、史上最年少での名人獲得には、今後全て1期抜けを果たし、かつA級1期目で挑戦権を得る必要があり、この初戦で躓くわけにはいかない。  本局の持ち時間は各6時間で、先手は佐々木七段。

【関連記事】