Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

液の補充は必要なし! 最近クルマのバッテリーに「6つの穴」が開いていない理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

メンテナンスフリーのものが増えている

 以前であれば、バッテリーの上部には穴が開いていて、そこを開けて定期的にメンテをした。サイドのラインで液量を点検し、減っていればフタを取って所定のラインまで補充したり、充電量を測るために、バッテリー液の濃度(=充電量)がわかる比重計というものを入れたりした。ちなみに穴は通常6個あって、理由は内部が6つの部屋に分かれていて、それぞれ2Vずつ担当しており、それを合わせて12Vにしているからだ。 【写真】上がってもスイッチひとつで始動可能な「メガライフバッテリー」  実用車や廉価グレードではまだ残っているものの、最近はどんどんと無くなってきている。つまり上部に穴がないメンテナンスフリーバッテリーが主流になっていて、補充口がなければバッテリー液の追加もできないため、サイドのラインもない。  MFバッテリーとも呼ばれる、メンテナンスフリーバッテリーが増えてきた理由としては、その名前からもわかるようにメンテナンスの負担軽減がある。最近は、クルマ自体の点検をしないユーザーも増えていることからなおさらだ。  そして、バッテリーへの負担が増大しているのも普及が進む理由のひとつだ。以前であればバッテリー内の電気が使われるのは、基本的に始動時にスターターモーターを回すときだけ。万が一、電装品の消費量が増えたときだけ、バッテリーの電気を使うことはあったが、それは例外的だった。  それが最近では、アイドリングストップもあるし、充電制御も入る。電装品は大量に付いていて、バッテリーからの持ち出しも多く、負担はかなりものと言っていい。そのため、バッテリーはメンテナンスが欠かせないとなると、トラブルの原因にもなりかねないので、メンテナンスフリー化が進んでいるというわけだ。  メンテナンスフリーと言っても、充電状態がわかるインジケーターは上部に付いているので、定期的に状態を見ておきたい。バッテリーのトラブルが起こると、まったくなにもできなってしまうのが最新のクルマだけに、なおさらだ。

近藤暁史

【関連記事】