Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タイソン、50代でのリング復帰に「反対だ」 英熟練プロモーターが否定的な理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

フューリーのプロモーターは冷静な見解「年老いている」

 ボクシングの元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)はエキシビションマッチでのリング復帰へ向けて、ド迫力のミット打ちを披露する大きな注目を集めている。そんな中で英国のベテランプロモーターはタイソンのリング復帰に否定的な目を向けている。一体なぜか。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。 【動画】「人間じゃない」「未だに殺し屋だ!」と米ファン騒然、53歳とは思えない動きと迫力…ド迫力ミット打ちの実際の映像  見違えるようにシェイプアップされた体で、今月30日で54歳を迎えるとは思えないキレッキレのミット打ちを披露。リング復帰が待望されるているが、一方で冷静な見解を示す関係者もいる。WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)をプロモートする、フランク・ウォーレン氏だ。  一時期浮上したフューリーとタイソンとの対戦。これを受けてベテランプロモーターはタイソンのリング復帰を強く反対しているという。  同氏は「マイクは年老いている。ダニー・ウィリアムズやケビン・マクブライドに負けた時よりも良くない。正直なところ、全体的に反対だ。マイクはイベンダー・ホリフィールド、ロイ・ジョーンズ・ジュニア、タイソン・フューリーと戦おうとしている。彼らは戦うべきじゃないし、人々もそれを応援するようなことはするべきじゃない」と話しているという。

ボクシング界への影響を憂慮「もし2人のタイソンが戦うなら問題はないが」

 タイソンは現役時代の晩年に対戦し敗戦を喫したウィリアムズ(英国)戦や、現役最終戦で6回TKO負けを喫したマクブライド(アイルランド)戦当時よりも衰えていると冷静に指摘。リスクを考慮して、周りがはやし立てるべきではないと訴えている。 「もしこの復帰が上手く行かなかったら、それはボクシング界に返ってくる。この試合にお金を払う馬鹿が出てくるだろう。もし2人のタイソンが戦うなら問題はないのだが」  数々の対戦相手候補が浮上し、周囲も盛り上がる中で、熟練のベテランプロモーターは冷静になるべきだと呼びかけている。

THE ANSWER編集部

【関連記事】