Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新作ショートアニメも登場 !「Disney+」で『トイ・ストーリー』シリーズが見放題に

配信

MOVIE WALKER PRESS

6月11日(木)よりサービス開始となるディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」で、『トイ・ストーリー』シリーズの新作ショートアニメーション『フォーキーのコレって何?』と『ボー・ピープはどこに?』の独占配信がスタート。さらに、昨年の大ヒット作『トイ・ストーリー4』(19)も、同時にストリーミング・サービス初登場となる。 【写真を見る】たくましい女性となったボーの過去が明かされる『ボー・ピープはどこに?』 『フォーキーのコレって何?』は、『トイ・ストーリー4』で初登場した、先割れスプーンで作られたおもちゃのフォーキーが主人公の、全10話からなるショートアニメーション。毎回、「時間とは」「愛とは」「コンピューターとは」など、壮大な質問から身近な疑問まで、10の様々な質問をおもちゃの仲間たちに問いかけていく。 フォーキーの日本語吹替版でボイスキャストを務めるのは、映画でも同役を演じた俳優の竜星涼。再びフォーキー役を演じるにあたって竜星は、「(映画の収録から)少し時間経っていたので、フォーキーを取り戻せるか最初は不安でした。今回はほぼ一人語りで、フォーキーがビックリするくらいしゃべっています(笑)。新しい言葉を、どのようにしてみんなのなじみのあるフォーキーの言い回しにしていくのか、とても難しい作業でした」とコメント。さらに「みなさんの”フォーキー愛”が伝わり、このような短編ストーリーができ上がりました。どのお話も、フォーキーと一緒になぞなぞを解いていくような感覚で学んでいける、とてもユニークで楽しい内容です。ゴミじゃなくなったフォーキーが大活躍(!?)していますよ!」とメッセージを続けた。 また、『トイ・ストーリー4』でシリーズ19年ぶりに登場したボー・ピープの“空白の時間”を描くのが『ボー・ピープはどこに?』。こちらは全1話で、『トイ・ストーリー3』(10)に登場しなかったボーが、『トイ・ストーリー2』(99)のあとどんな冒険をしていたのかが、ボー自らがウッディたちに語る形で描かれる。『トイ・ストーリー4』の本編中に登場したアンティークショップや、ボイス・ボックスを内蔵した人形ギャビー・ギャビー、腹話術人形のベンソンといったキャラクターも再び登場する。 そして、サブスク待望の初登場となるのが、日本でも興行収入100億円を突破する特大ヒットを記録した『トイ・ストーリー4』。ウッディやバズら人気のキャラクターはもちろん、フォーキーや、見た目は愛らしいが実は毒舌のぬいぐるみコンビ、ダッキー&バニーといった新キャラクターが大冒険を繰り広げる。配信にあたって、ダッキー&バニー役で日本語版ボイスキャストを担当したチョコレートプラネットの2人から、にぎやかなメッセージが到着。 「『ディズニープラス』で『トイ・ストーリー4』がお楽しみいただけることになってとてもうれしいです!これまでのシリーズや短編作品も含めて、いつでもどこでも見放題なので、ぜひたくさん観てほしいです。特に僕たちが声を演じたダッキー&バニーが活躍するシーンは何度も繰り返して観てくださいね!どんだけ~見ても見放題~!なので(笑)」 上記3作品のほか、「トイ・ストーリー」シリーズの過去作や関連作すべてが見放題なのは、「ディズニープラス」だけ。これを逃す手はない! 文/トライワークス

【関連記事】